月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

コメント

金丸哲也プロデューサー

京都の案内本を出版されるほど京都を愛する羽田美智子さんを主役にして、京都を舞台にした弁護士ものを制作したいというアイデアが企画の出発点です。
羽田さんは、美人で優秀なのに、男運がなく整理整頓が苦手な弁護士という設定にして、その相棒には対照的な女性弁護士を配することにしました。ある事情があって、一人息子を育てながら困難な国選弁護人を引き受けるしっかり者の女性ということで、羽田さんとは初共演の杉田かおるさんをキャスティングしました。
個性の違うお二人のぶつかり合いを期待していましたが、それ以上の演技をしていただき、最高のコンビネーションでした。
息がぴったりで撮影の合間も話題が途切れることがなく、監督が「うるさいぞ」と冗談をいうほど会話が弾む、明るい現場となりました。
打ち上げでは、子役時代から数えて芸能生活40周年を迎えた杉田さんに羽田さんがプレゼントを贈り、杉田さんがうっすらと涙を溜めてそれを受け取るほど、お互いの絆も深まったようです。
第二弾、第三弾を期待させる仕上がりになっていると思います。どうぞお楽しみ下さい。

PAGETOP