月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件 2012.4.16OA

みどころ

みどころの写真

大手レジャー産業会社会長の孫娘が誘拐された。身代金を払い孫娘は無事解放されるが、これは不可解な連続殺人の幕開けだった。
誘拐から一ヶ月後、亀井刑事が訪れた熱海で殺人事件が発生。この時、誘拐事件の重要参考人の男が目撃された。重要参考人は元ジャーナリストで6年前に妻を殺害して服役し、出所したばかり。殺人事件を捜査する静岡県警の藤間警部は、熱海に駆けつけた十津川警部にことごとく異論を唱え、捜査は難航する。
そんな矢先、元ジャーナリストの有罪を決定付ける証言をした関係者が次々と殺害される。元ジャーナリストの復讐だと決め付ける藤間警部。冷静に事件を見つめる十津川は、6年前の事件が冤罪ではなかったかと疑問を抱く。そして6年前に計画された熱海の再開発が頓挫したことを知った十津川は、連続殺人との関連を推理する。
加藤雅也が演じる元ジャーナリストは鋭い眼光と研ぎ澄まされたセリフで、渡瀬恒彦が演じる十津川警部と対峙する。一方、矢柴俊博が演じる藤間刑事も捜査が進むほどに十津川との対決姿勢を露(あらわ)にして不気味。全編に緊張感をもたらす加藤と矢柴の演技が光る。他に小沢真珠、水野久美、若林豪がゲスト出演する。


ページの先頭へ