月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

看取りの医者 バイク母さんの往診日誌 2011.12.12OA

あらすじ

つくば市にあるみどりクリニックの院長・栗山みどり(大竹しのぶ)は、病院での延命治療をやめ、自宅で死と向き合って生活している終末期の患者を訪問診療している。患者と些細なことでも会話し、家族からの連絡があれば昼夜を問わず、愛用の原付バイクで駆けつける。患者が家族と常に触れ合うことで、余命が延びることもある。しかし、病状の把握がしやすい病院と違って、自宅での看護となると家族の負担は大きい。
みどりの夫・潔(吹越満)は、難民救済の医師団に参加して世界を駆け回る医師。娘のかおる(貫地谷しほり)は、製薬会社のMR(医薬情報担当者)としてつくば未来病院に出入りしている。しかし、みどりと潔、かおるは何年も家族としての会話をしていない。それにはみどりの亡き息子・大の存在が関係していた。
ある日、みどりは桑田(河原崎建三)という患者の家に来ていた。そこに桑田の娘・優子(遠藤久美子)が飛び込んできた。父親の命を永らえさせるためには入院するしかないと思い込む優子はみどりに食って掛かる。しかし桑田本人は再入院を拒否。
そんなやり取りの中、みどりの携帯が鳴った。患者のひとり・セツ(上月左知子)の様子がおかしいというのだ。みどりは慌ててセツの家に向かう。ガンを患うセツは、認知症を発症してしまったようだ。セツの息子の嫁・靖子(山下容莉枝)は家業の農業を手伝いながら甲斐甲斐しくセツの世話をしてきた。しかし、義母の容態の変化を自分が至らないせいだと自責の念を持つ。
一方、父親の在宅治療に納得がいかない優子は、同級生でつくば未来病院に勤務している矢沢(金児憲史)に相談する。矢沢の見立てでは、桑田は今すぐ入院すれば1年近くの延命が見込めるという。桑田の主治医がみどりだと聞いた矢沢は、かおるに桑田を入院させるよう説得を頼む。
久しぶりに実家を訪れたかおるは、桑田を入院させて延命治療することを薦める。しかし、みどりは十分話し合って決めたことだからとその申し出を拒否。するとかおるは、救える命があるのに、延命治療を打ち切って大勢の人を自宅で死なせていると非難する。2人の意見は平行線のまま…。


ページの先頭へ