月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

遺品整理人 谷崎藍子〜死者が遺したメッセージ 2010.5.24OA

あらすじ

谷崎藍子(高畑淳子)は、理由あって遺品を処理することができない遺族に代わって遺品を整理する会社「青い鳥社」のベテラン社員だ。藍子は社長の栗山スミ子(加賀まりこ)の信頼も厚く、新人の工藤明彦(窪塚俊介)を連れて現場に向かう。家を出て愛人と暮らしていた夫の遺品整理を実の妻から依頼されるなど、精神的にもきつい仕事だ。そんな藍子の口癖は、遺品には亡くなった人のメッセージが遺されているというもの。 藍子には20年ほど前、買い物に出たわずかな時間に、幼いひとり息子を火事で亡くしたという悲しい過去がある。その時、息子の遺品は何も残らなかった。それが離婚の原因ともなったせいか、この遺品整理という仕事を藍子は天職のように思っていた。 ある日、藍子とは旧知の三田村刑事(矢崎滋)がある事件のことで訪ねてきた。2ヶ月前に母親の相沢りつ(中原ひとみ)を介護していた息子、俊介(鶴見辰吾)が、本人に頼まれて母親を殺害するという事件があった。その俊介は孝行息子として知られ、事件後自首している。事情を裏付けるりつの自筆の遺書もあり、執行猶予がつくと思われていた。三田村は俊介に同情し、俊介の希望でりつを殺害した部屋を整理して欲しいと依頼する。 三田村、工藤と共にアパートを訪れた藍子は、誰かが先に整理をしたような違和感を覚えた。食器棚の上にあった海苔の缶から、3200万円も預金された通帳を発見して驚く藍子たち。藍子は通帳とともに入っていた壊れた眼鏡が気にかかる。通帳の金はりつの夫が、かつて事故死した時に受け取った保険金だった。 拘置所を訪れた藍子と三田村に、保険金のことは知らなかったと語る俊介。万が一俊介の刑が確定すればその金は俊介の息子が相続することになる。ところがなぜか壊れた眼鏡を見た瞬間、俊介の表情が変わる。その後、俊介が多額の借金を抱えていたことが判明し、藍子にはある疑問が膨らむ。 幼い頃の俊介とりつ(七瀬なつみ)を知る赤岩松江(赤木春恵)を小豆島に訪ね、藍子は母子の意外な過去を聞くのだが…。


ページの先頭へ