月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

山村美紗十三回忌特別企画 狩矢警部シリーズ5 京舞妓殺人事件 2009.1.26OA

あらすじ

鞍馬の火祭りの夜。祭り見物に来ていた芸妓の一人、市加代(岩間沙織)が崖から転落死した。狩矢警部(船越英一郎)と皆川悠子(雛形あきこ)たちが現場に駆けつける。事なかれ主義の小岩井捜査一課長(浅野和之)は自殺として処理するよう狩矢に命じるが、市加代をよく知る置屋の女将・友美(市田ひろみ)は、市加代が自殺をする理由がないと語る。
芸妓の菊乃(有森也実)に促され、舞妓の小菊(大塚ちひろ)が、その夜、市加代は不審な男と会っていたと狩矢に打ち明ける。男とは誰か。市加代をひいきにしていた四人の名が浮かぶ。
代議士の大和田幸造(津田寛治)、茶道の家元・桃山英良(市川春猿)と、二人の会社経営者、泉正春(白井晃)と田原雄一郎(三浦浩一)である。しかし全員にアリバイがあった。
新米刑事の橋口健太(黄川田将也)が芸妓たちの警護をしていた隙をついて、小菊の拉致未遂事件が起こる。市加代殺しの犯人が小菊の口をふさごうとしたのか。
そして小菊の襟替え式の最中、芸妓の豆花(仲村瑠璃亜)が突然倒れ絶命する。踊りの小道具に毒が仕込まれていたのだ。その場に市加代をひいきにしていた四人も居合わせ、全員に嫌疑がかかる。
ところが四人のうち一人が死体となって発見された。さらに深まる事件の謎。
懸命の捜査が続くなか、狩矢の推理には思いもよらぬ人物の名が浮かぶが…。


ページの先頭へ