月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

山村美紗13回忌 狩矢警部シリーズ4「京都阿修羅王殺人事件」 2008.4.14OA

みどころ

みどころの写真

ミステリーの女王、山村美紗が平成8年9月5日に亡くなって、今年13回忌を迎える。
山村作品では名バイプレーヤーとして知られる京都府警の敏腕警部、狩矢荘助を主人公に据えた人気ドラマ、狩矢警部シリーズの最新作、第4弾を放送する。
狩矢役はご存知、船越英一郎。京都の伝統工芸を教える学園を舞台に狩矢警部が連続殺人事件の謎を追う。
学園の経営者とその夫が相次いで殺される。経営者は学園を解散させようと考えており、学園の経営を巡って校長と激しく対立していたという。
竹をばね仕掛けに利用するなど、竹の性質を工夫した凶器が犯行に使われており、狩矢は竹細工に精通した学園関係者の仕業ではないかと疑惑を深めるが…
竹細工や仏像彫刻など工芸品製作の現場が丁寧に描かれ、京都らしい繊細な品々が目を楽しませてくれる。
ドラマの冒頭では、狩矢がうららかな春の日差しの中でうたた寝をしている。その夢の中では、狩矢が侍の扮装をして、ごろつきを退治する痛快な立ち回りシーンが挿入され、遊び心のセンスが光る。
また京都の観光名所、東映太秦映画村でも刃物を持って暴れる暴漢を狩矢警部が撃退する。アクションシーンと軽やかにこなす船越にご注目を。
また、大和田獏、岡江久美子の娘、大和田美帆と渡辺謙の息子、渡辺大が事件の鍵を握る重要な存在としてゲスト出演。船越も二人との共演を楽しんでいた。


ページの先頭へ