お問い合わせ

よくある質問

JNN・JRN共同災害募金

Q:税金の控除は受けられますか?
A: 個人の方は、特定寄付金に該当し寄付金控除の対象となります。
また、法人の場合は損金算入の適用を受けることができます。
手続きの際には、寄付をしたことが確認できる書類(銀行の「ご利用明細」や「払込金受取書」など)が必要となります。
詳細は最寄りの税務署にお問い合わせいただくか、または下記(国税庁ホームページ)をご参照ください。
http://www.nta.go.jp/index.htm
Q:領収書はもらえますか?
A: 領収書をご入用の方は、
(特定の書式はありませんが)
「領収書希望」の旨、「住所」「氏名」「電話番号」を明記の上
振込みが確認できる書類(写しで結構です)を同封し、

〒107-8006
東京都港区赤坂5-3-6
TBSホールディングス 総務局 CSR推進部
JNN・JRN共同災害募金事務局

まで郵送してください。
返信用切手は不要です。
折り返し領収書を発行してお送りします。
Q:振り込み手数料はかかりますか?
A:三井住友銀行の窓口、もしくは三井住友銀行のATM機で平日8:45〜18:00にお振込みの場合は振り込み手数料は不要です。
上記時間以外のATM機でのお振り込み、コンビニATM機からのお振り込み、三井住友銀行以外の金融機関からのお振り込みの場合は振り込み手数料がかかります。

夏休み職業体験

Q:高校生でなくても応募できますか?
A:全国の高校に通う生徒の皆さんが対象です。
Q:費用はかかりますか?
A:TBSのCSR活動の一環として行うため無料で実施しています。
Q:個人でも申し込めますか?
A:お申し込みは教育機関に従事する方からのみ受け付けています。
まずは学校の先生に相談してみてください。
Q:「ドラマの○○監督にインタビューしたい」などについて
A:特定の個人へのインタビューなど個別依頼は一切受け付けておりません。
(各講座内で講義内容に対する質疑応答の時間を設けています)

出前授業

Q:出前授業って何ですか?
A:小学校や中学校、高等学校に伺って、放送の仕事についてお話し、児童、生徒のみなさんに実際に体験しながら学んでもらう活動です(『ニュース編集長体験』、『放送体験』等)。先生方から申込を受けて、学校に伺うので「出前」授業と呼んでいます。授業内容は個別にご要望を伺った上で検討いたします。 一例としましては、小学校の場合は、5年の社会科に「放送の仕組み」という授業があったり、国語科で「目的に応じた伝え方を考えよう」というテーマでニュースの原稿を書いたり、映像を編集したりする授業があったりする他、中学や高校では、総合学習やキャリア教育の授業の一環として依頼されることが多くあります。
Q:出前授業の実施エリアはどの範囲ですか?
A:TBSが放送するエリア内、1都6県(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)に限定しています。
Q:どのくらいの時間がかかりますか?
A:授業時間としては、2時限分で90分〜120分です。午前中なら3〜4時限(10:30〜12:30の間)、午後なら5〜6時限(13:30〜15:30の間)が可能ですが、原則午後の時間帯でお願いしています。
Q:費用はどのくらいかかりますか?
A:TBSのCSR活動の一環として行うため「無料」で開催しています。

お問い合わせ先

その他のお問い合わせについては下記の電話番号へご連絡ください。

電話 : 03-3746-6666
10時〜12時、13時〜17時(土日祝を除く)

このページのトップへ