バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #351 2012.10.20 O.A.

バックナンバー
ボディビル第1章
究極の肉体美を求める、ボディビルの世界。
そのトレーニングは、壮絶という言葉すら生ぬるく感じる・・・
そんな過酷な世界の頂点に君臨する、31歳の王者、鈴木雅。
鈴木を支えているのは、16歳年上の妻・詠子さん。
夫婦の夢、それは、日本選手権の連覇。
だが、その夢に立ちはだかる、怪物。
かつて4度の頂点に立った、51歳の合戸孝二。
若き王者と、今なお、進化を続けるベテランとの直接対決。
2組の夫婦が二人三脚で挑んだ今年の日本選手権。
新旧王者の、日本一をかけた壮絶な戦いの舞台裏に、完全密着!
東京、中野にあるスポーツジム、黙々とトレーニングに励むひとりの男がいる。
鈴木雅、31歳。
彼はボディビル日本選手権2連覇中の若き王者だ。
その鍛え上げられた肉体は、見事な隆起を誇る。
この凄まじい肉体をもってなお、鈴木の更なる追求は果てしない。
鈴木の傍にはトレーニングをサポートする一人の女性がいた。
鈴木が敬語で、話すこの女性、実は鈴木の妻、旧姓水間詠子さん。
さらに、ボディビルのオリンピック、ワールドゲームズでも金メダルを獲得するなど、ボディビル界の女王だった女性だ。
現在、競技を一時休養している詠子さんは、こうして夫の、サポートをしているのだ。
だが、そんな鈴木には、ボディビル界の怪物と言われる、最大のライバルがいる。
それが、重さ230キロのバーベルでトレーニングに励むこの男。
合戸孝二、年齢はなんと、51歳。
そしてこの合戸にも、頼もしいパートナーが存在する。
合戸の妻、真理子さん。年齢は39歳、合戸の12歳年下だ。
妻の献身的な支えで、合戸は大きく力をつけた。
合戸は、現在2連覇中の31歳の鈴木に、並々ならぬ闘志を燃やしていた。
そして、今年の日本選手権では、50代で優勝という史上初の快挙を狙っている。
壮絶な戦いを制し、頂点に君臨するのは、若き王者、鈴木か?
それとも51歳の怪物、合戸か?
その舞台裏は、来週のバース・デイで、一挙公開。
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.