バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #318 2012.1.21 O.A.

バックナンバー
オリンピック・メダリスト、高橋大輔を指導する、フィギュアの振付師に密着。
去年・夏、バンクーバーオリンピック銅メダリスト・高橋大輔は、今シーズンに行なうプログラム作りに余念がなかった。
練習中、高橋は一緒に滑っている1人の男性の動きを常に追っていた。
彼は、高橋のコーチではない。肩書きは振付師。宮本賢二33歳。
今シーズン、エキシビジョンですべる演技の振り付けを高橋に覚えこませている。
フィギアの振付師とは、演技の振り付けを考え選手の芸術性を指導するのが主な仕事。
宮本は振り付けだけを行なう、日本では珍しい専業の振付師。
彼の振り付けの特徴、それは選手の個性を最大限に引き出し、大胆に振り付けすること。
彼の名を世界に知らしめたのは、2010年、バンクーバーオリンピック。
銅メダルを獲得した高橋大輔のショートプログラム、「eye」。
宮本が作ったステップの華麗さに、会場は酔いしれた。
宮本は、高橋の他にも、名だたる日本のトップスケーターたちの振り付けを行なっている。
安藤美姫のエキシビジョンの代表作「ボレロ」。
彼女の持つ、セクシーさを更に強調すべく、足をがに股に開かせるなど、生生しいセクシーさを表現。
綺麗な滑りが定評の安藤の形をあえて崩すことで大人の女性を演出した。
これまで、ジャンプなどの技術力に重点が置かれがちだった日本のフィギア界の中で宮本は表現力を引き出せる稀有な存在の振付師なのだ。
宮本は、振付師になって今年で7年目、まだこの世界では若いとされる存在だが、すでに50人の選手の振り付けを担当している。
そしてフィギュアスケート、シーズン開幕の4ヶ月前、宮本は中学生の庄司理紗の振り付けを行なうためにリンクを訪れた。
庄司は、15歳ながら、将来のオリンピックメダリストとして、大きな期待を寄せられているジュニアの選手。
そして宮本独自の振り付け指導が始まった。
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.