バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #311 2011.11.26 O.A.

バックナンバー
女子サッカー「INAC神戸・第1章」〜初優勝までの道のり〜
今年、一躍大ブームを巻き起こした、なでしこジャパン。
テレビ、雑誌、CM・・・そしてイベントと、人気アイドル顔負けの忙しさで、連日、世間を賑わしている。
そんな彼女たちが、真剣勝負を繰り広げる場所。
そこは、なでしこリーグ。
リーグの中で、今年、最も注目を集めたチームが、代表選手7人を抱える、「INAC神戸レオネッサ」。
普段、決して見ることの出来ない、なでしこ選手たちの舞台裏をカメラは捉えた。
澤穂希、川澄奈穂美、大野忍など、なでしこジャパンのメンバーも顔を揃え、創部10年目を迎えるINAC神戸は、リーグ優勝がまだ一度もない。
去年、おととしと、続けて4位に甘んじるなど、上位浮上のきっかけを掴めずにいた。
チームを引っ張るのは、今年、キャプテンに就任した、フォワードの川澄だ。
川澄には、所属チームに対する、強い思いがある。
それは、4年前、INAC神戸に入団してから、まだ一度もリーグ優勝を経験していないこと。
川澄にとって、チームのリーグ優勝こそが、最大の願い。
そして、女子サッカー界を牽引してきた澤穂希。
女子サッカー界が不遇だった頃の時代を知る彼女の言葉には熱き思いがこめられていた。
そして、日本女子サッカー界の驚くべき歴史が明らかに。
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.