あらすじ|日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』

2014年4月27日スタート、毎週日曜よる9時〜放送(放送は終了しました)応援ありがとうございました!

バックナンバー

内容

第2話

2014年5月4日 onair
メインバンクである白水銀行の林田融資課長の不正を追及し、銀行から突如突き付けられていた融資の取り止めを撤回させて続投を認めさせた細川(唐沢寿明)
だがその一方で大口の取引先であるジャパニクスの諸田社長(香川照之)から提示されていた8割もの減産調整と値下げの要求はライバル会社のイツワ電器への乗換えを示唆された為、細川は苦渋の中、要求を受け入れる。

この厳しい条件を飲むことにより、当然、青島製作所の業績は赤字の可能性が高まり、細川は会社を再建するため、手始めに派遣社員の約8割を解雇するという本格的なリストラの敢行を役員たちに宣言する。
人事課を預かる総務部長兼野球部長の三上(石丸幹二)は、細川からリストラの責任者を命じられ、情を挟まず会社の事情だけを最優先させたリストラを遂行するよう煽られる。
そんな中、ある日細川のもとにイツワ電器から一通の封書が届く。中身はなんと青島製作所が開発してきたイメージセンサーのカラーフィルターが、イツワ電器の実用新案権を侵害したという訴状で、イツワ電器は青島製作所に対し商品の販売差し止めと損害賠償として200億円を請求してくる。
イツワ電器からの予期せぬ攻撃に細川をはじめ役員たちはみな殺気立つが…。

一方、青島製作所野球部では社内の野球大会で誰もが息を呑むようなズバ抜けた投球を披露した製造部梱包配送課の派遣社員・沖原和也(工藤阿須加)に強い関心と注目が集まっていた。
沖原が甲子園の常連校の野球部に所属していたと知った野球部のマネージャーである古賀(高橋和也)とキャプテンの井坂(須田邦裕)は早速、沖原を野球部へ入部するよう勧誘するのだが…。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.