毎月最終日曜 深夜1:20から

次回予告

「〝小さな主語〟で伝えたいコト」

2020年3月29日

<東京の空>は世界すべての空とつながっている―。
同じ時間、同じ空の下、生きている人がいて、笑っている人もいれば、泣いている人もいる。

数多くの情報があつまる街、東京。
そんな東京の空のもと、世界に向けて発信を続けるジャーナリスト堀潤。

今回は堀潤と、堀潤を情報のハブとして集う、新進気鋭のジャーナリストたちの活動に焦点をあてます。

堀潤が危惧するのは、世界だけではなく東京でも深まった社会の〝分断〟。福島第一原子力発電所事故後の現場や、シリア、パレスチナ、朝鮮半島、香港、沖縄など、様々な社会課題の現場で生まれ、深まっていく〝分断〟。
大手メディアのニュースに多様性がなくなる中、堀潤と堀潤をハブとして集うジャーナリストたちが発信し続ける本当に伝えるべき情報とはなんなのか。
番組ではその取材活動に密着。

堀の座右の銘「大きい主語よりも小さい主語を大切にしたい」に
込められた想いに迫ります。

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.