毎週金曜 よる10:00〜放送

ハーメルン事件捜査報告書

第9回

四人目の被害者・前田千晶ちゃんの意識が戻り、様々な真実が明らかに。
事件真相に大きく近づいたか…!?

被害者証言

千晶ちゃんは犯人に車で連れ去られたあと山中で迷子になり、数日間山中をさまよっていたとのこと。
半径10キロをくまなく山狩りしたにもかかわらず、手がかりは掴めず。

その後、犯人は男と女の2人組であることが千晶ちゃんの証言により判明した!

口笛の謎

また、千晶ちゃんが犯人の特徴として口ずさんだ口笛の謎も判明した。
この曲は、10年前に音楽著作権協会に登録されたもので、作曲したのは大学教授の小峰昭宏氏。
小峰教授に話を聞いたところ、この曲は認知症の音楽療法(認知症患者に音楽を聞かせたり、実際に演奏してもらうことで症状の改善を促すリハビリテーション)であるとのこと。その効果を最大限に高め、かつ誰でも演奏しやすいような曲を、と教授が実験的に作ってみたのがあの曲だった。
現在までに利用した100名弱の患者と関係者のリストを教授から入手し確認。すると千晶ちゃんが発見された場所から20キロの場所にある山梨県朝霧村に患者の住所を発見した!

共通点が見つかり、事件真相に大きく近づいたか…!?

写真

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ