毎週日曜日 あさ6:00から

じょんのび日本遺産

番宣画像

次回の放送内容

2019年 7月 28日 あさ6:00

画像

旅人:ナタリー・エモンズ&工藤夕貴

今回の日本遺産
琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産

穢れを除き、病を癒すものとして祀られてきた水。琵琶湖では、「水の浄土」を臨んで多くの寺社が建立され、暮らしには山から水を引いた古式水道や湧き水を使いながら汚さないルールが伝わっている。湖辺の集落や湖中の島では、米と魚を活用した独自の食文化やエリなどの漁法が育まれた。水郷や水辺の景観は、水と人の営みが調和した文化的景観として、日本人の高度な「水の文化」の歴史が集積されており、2015年に日本遺産に認定されている。
今回、琵琶湖周辺を旅するのはナタリー・エモンズと工藤夕貴。まずは比叡山に2人で登山。琵琶湖の絶景を楽しみ、延暦寺でお参り。そして湧き水を利用した「カバタ」とよばれるこの地方独特の洗い場を見学し、夏野菜を試食。伝統的なヤナ漁をお手伝いして、琵琶湖に生息するコアユを捕る。さらにビワマス料理や近江牛の味を存分に堪能。琵琶湖周辺に息づく水と暮らしの文化を体感するじょんのび旅。

前回の放送内容

2019年 7月 21日

画像

旅人:森本レオ&八木ひとみ

今回の日本遺産
「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま〜古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語〜

いにしえに吉備と呼ばれた岡山には、鬼ノ城と呼ばれる古代山城や巨大墓に立ち並ぶ巨石などの遺跡が現存する。これら遺跡の特徴から吉備津彦命が温羅と呼ばれた鬼を退治する伝説の舞台となった。
鬼退治伝説は、古代吉備の繁栄と屈服の歴史を背景とし、桃太郎伝説の原型になったとされ、吉備の多様な遺産は今も訪れる人々を神秘的な物語へと誘ってくれる。桃太郎伝説ゆかりの地は2018年に日本遺産に認定されている。
今回、岡山を旅するのは森本レオと八木ひとみ。
JR岡山駅に立つ桃太郎像の前で合流した2人は、さっそく吉備津神社へ。ここは、桃太郎のモデルとされる吉備津彦命を祀った神社。縁起には、温羅と呼ばれる鬼のモデルと吉備津彦の戦いのようすが記され、戦いに敗れた温羅ゆかりの神事が今も行われている。そして桃太郎といえば、なんといっても桃ときびだんご。赤磐市の農園で桃狩りを行い、桃の神秘的な力に思いを馳せる。また、岡山市内の老舗だんご店では、昔ながらの黍を使っただんごを賞味。さらに温羅と吉備津彦命の戦いを備中神楽で楽しむ。そしていよいよ、温羅が住んでいたという鬼ノ城へ。そのスケールの雄大さに時を忘れしばし佇む。また、地元の名物、新鮮なサワラ料理とデミカツ丼を大いに味わう。いにしえより語り継がれてきた伝説を訪ねるじょんのび旅。

画像

過去の放送内容一覧

2019年

番組概要

ストーリーのある土地=「日本遺産」をゆったり巡る
人生を豊かにする大人の旅番組

「じょんのび」とは、新潟地方の方言で「ゆったり、のんびり」という意味。『じょんのび日本遺産』は、文化庁が認定する「日本遺産」を“ゆったり”“のんびり”と巡り、日本各地の歴史的魅力や特色を通して、文化・伝統を再発見できる極上の旅番組だ。
旅人は、CMやミュージカルで活躍するナタリー・エモンズをはじめ、ダンテ・カーヴァー、サヘル・ローズ。日本の文化を新鮮な驚きをもって体感したり、絶品料理に舌鼓をうったりしながら、彼らならではのインターナショナルな眼差しで「日本遺産」の魅力を伝えていく。
また番組では、大人の知的好奇心を満足させる情報はもちろん、日本人が見逃してしまいがちな「日本の美しさ」を求めて映像にもこだわる。思わず息をのむ絶景、古都がまとう悠久の時の流れ、大いなる自然の力、滋味あふれる絶品料理、そこに暮らす人々の想い…などを洗練された美しい映像で紡いでいく。
ぜひ、毎週日曜の朝は『じょんのび日本遺産』で心豊かな時間をお過ごしください。

無料動画配信

最新回無料配信中!

TBS FREE

※ 都合により視聴できない放送日もございますので、ご了承ください

出演者

出演:
ナタリー・エモンズ
ダンテ・カーヴァー
サヘル・ローズ

ナレーター:
森本レオ
斉藤由貴

[メインテーマ曲]
春畑道哉「Continue feat.宮本笑里」
作曲・編曲:春畑道哉

[エンディングテーマ曲]
春畑道哉「花鳥風月」
作曲・編曲:春畑道哉

題字:金澤翔子

音楽:笹野芽実

スタッフ

製作:
TBSスパークル
TBS

プロデューサー:
谷 知明

ディレクター:
寺内重孝
ほか

編成:
加藤丈博

ページトップへ