毎週日曜日 あさ6:00から

じょんのび日本遺産

番宣画像

次回の放送内容

2018年11月18日 あさ6:00

ナタリー・エモンズ

旅人:ナタリー・エモンズ

今回の日本遺産
絶景の宝庫 和歌の浦〜詠い継がれる、美しき風景〜 前編

和歌の浦は、和歌山市南西部の河口に広がる干潟を中心に、和歌浦湾を取り巻く景勝地。万葉の時代に美しい情景が和歌にうたわれ、和歌の聖地となった。その絶景は、いつの時代も人々を魅了し、様々な芸術を育んできた。絶景の宝庫、和歌の浦は2017年に日本遺産に認定されている。
そんな和歌の浦をナタリー・エモンズが旅する。最初に訪れたのは和歌の浦の干潟。刻一刻と表情を変える美しい姿に時を忘れ、見入るナタリー。また、和歌の浦に魅了され歌を残した2人の偉人、菅原道真と豊臣秀吉、それぞれにゆかりの和歌浦天満宮、和歌山城を訪ね、当時の2人の境遇に思いを重ねる。
さらに、地元で人気の名店では、和歌山名産の太刀魚や秋の味覚を味わう。

前回の放送内容

2018年11月11日

ナタリー・エモンズ

旅人:ナタリー・エモンズ

今回の日本遺産
一輪の綿花から始まる倉敷物語 〜 和と洋が織りなす繊維のまち 〜 後編

400年前まで、海に浮かぶ島々であった倉敷。干拓して栽培された綿花から始まる繊維産業は、倉敷を「日本一の繊維のまち」へと成長させた。そして伝統的な商家群と近代化を象徴する洋風建築が調和する美しい町並みを創り出した。繊維のまち倉敷は、2017年に「日本遺産」に認定されている。
旅をするのは、ナタリー・エモンズ。
最初にめざしたのは倉敷市玉島。かつては北前船の寄港地として栄え、現在も港町として瀬戸内の海の幸を集めている。地元の魚市場を訪れると、名物の鰆を見事にさばく魚屋さんの技に、目を丸くするナタリーさん。倉敷市児島では、繊維の町ならではの「帆布」や「ジーンズ」に触れ、あらためて綿花がもたらしたもの大きさを知ることに。また、倉敷の一大産業である学生服の歴史を伝える資料館を訪ねると、学生服の試着コーナーを発見。日本の学生服をナタリーさんが初めて試着、その仕上がりやいかに…?
瀬戸内海が一望できるお寿司屋さんでは、きっぷのいいご主人が握る絶品のお寿司に舌鼓。
倉敷の歴史と文化、その魅力をナタリーさんが存分に堪能する。

画像 画像

過去の放送内容一覧

2018年

番組概要

ストーリーのある土地=「日本遺産」をゆったり巡る
人生を豊かにする大人の旅番組

「じょんのび」とは、新潟地方の方言で「ゆったり、のんびり」という意味。『じょんのび日本遺産』は、文化庁が認定する「日本遺産」を“ゆったり”“のんびり”と巡り、日本各地の歴史的魅力や特色を通して、文化・伝統を再発見できる極上の旅番組だ。
旅人は、CMやミュージカルで活躍するナタリー・エモンズをはじめ、ダンテ・カーヴァー、サヘル・ローズ。日本の文化を新鮮な驚きをもって体感したり、絶品料理に舌鼓をうったりしながら、彼らならではのインターナショナルな眼差しで「日本遺産」の魅力を伝えていく。
また番組では、大人の知的好奇心を満足させる情報はもちろん、日本人が見逃してしまいがちな「日本の美しさ」を求めて映像にもこだわる。思わず息をのむ絶景、古都がまとう悠久の時の流れ、大いなる自然の力、滋味あふれる絶品料理、そこに暮らす人々の想い…などを洗練された美しい映像で紡いでいく。
ぜひ、毎週日曜の朝は『じょんのび日本遺産』で心豊かな時間をお過ごしください。

無料動画配信

最新回無料配信中!

TBS FREE

※ 都合により視聴できない放送日もございますので、ご了承ください

出演者

出演:
ナタリー・エモンズ
ダンテ・カーヴァー
サヘル・ローズ

ナレーター:
森本レオ

[メインテーマ曲]
春畑道哉「Continue feat.宮本笑里」
作曲・編曲:春畑道哉

[エンディングテーマ曲]
春畑道哉「花鳥風月」
作曲・編曲:春畑道哉

題字:金澤翔子

音楽:笹野芽実

スタッフ

製作:
TBSビジョン
TBS

プロデューサー:
谷 知明

ディレクター:
寺内重孝
ほか

編成:
高橋智大

ページトップへ