2012年10月21日スタート日曜よる9時放送


平塚平八語録

礼儀正しく丁寧すぎて、かえって相手に無礼になる=慇懃無礼と言われる平塚平八。
部下となった西園寺を巧みな話術で利用し、捜査に役立てています。(失敗をも、楽しんでいます。)
そんな平八の話術は、みなさんの生活においても人間関係を構築する上でのコミュニケーションのヒントになるかも!?
慇懃無礼にならない程度に、参考にしてくださいね。

第4話より

頼み事を断った相手の気持ちを汲み、自分が浅はかであったと必要以上に詫びて、相手から「YES」を引き出す。

平八
では実験してみましょう。ここから5分間で殺害現場まで行って戻って来れるか。それでは用意…
西園寺
え?僕がやるんですか !?

〜2人の間の変な間〜

平八
… ああ!私としたことが!術後の西園寺さんにそんなことをさせようとしたとは!と自分を罰するように頭をポカポカと殴る。
西園寺
分かりました。やります。やりますよ
平八
では、全速力でお願いします。用意、スタート!

〜必死に走り出す西園寺。〜

ワザとらしく相手を褒めて挑発し、重要なヒントを聞き出す。

安東 (医師)
犯人はあらかじめ教授を待ち伏せして殺したんですよ。つまり、教授より早めに現場に行っていなくてはならない。ギリギリじゃ全く意味はないでしょ?
平八
ああ、なるほど!待ち伏せする方が遅れていったんじゃ話しにならないですものね。いや、さすがは先生です
安東 (医師)
だから、私に犯行は不可能だという事です。犯人は倉庫の表の物陰に隠れて教授を待ち伏せしていた。ギリギリの時間では
平八
あの、先生、今なんておっしゃいました?犯人は?
安東 (医師)
犯人は倉庫の表の物陰に隠れて教授を待ち伏せしていた。ギリギリの時間では意味がない
平八
ありがとうございます

images