はじめに|火曜ドラマ『女はそれを許さない』

毎週火曜よる10時放送

はじめに

初となる弁護士役に挑戦・深田恭子 & 6年ぶり民放連続ドラマ出演・寺島しのぶ 過去のトラウマから法廷に立てなくなったペーパー弁護士        + 優秀だがグレーな手法で弁護士会を追われたセレブ弁護士        || 女性の味方の最強バディ弁護士! アラサー女性とアラフォー女性が 仕事に人生に格闘するヒューマンドラマが誕生!!

主演の深田恭子は、過去に法廷を逃げ出したことで依頼人、そして自分も傷つき弁護士を続けることを一度はあきらめた主人公・岩崎麗を演じる。深田は、2011年10月期『専業主婦探偵〜私はシャドウ』以来3年ぶりのTBS連ドラ主演で、自身初の弁護士役となる。一方、弁護士としての技能や能力はずば抜けて優秀だがグレーな手法を使ったがゆえに弁護士会を追われることになった海老沢凛香を寺島しのぶが演じる。寺島が民放の連続ドラマに出演するのは6年ぶりとなる。
そのほか、司法修習生・滝口泰輔役に溝端淳平、凛香が所属していた大手弁護士事務所の後輩弁護士・工藤誠司役に吉沢悠、エリート弁護士であり、凛香の元カレ・葛城雄二役に加藤雅也、凛香の元上司である児玉義勝役に竹中直人、凛香の行きつけのバーのオーナーで実はゲイであるという蝶野薫役に松重豊、凛香が復帰の足がかりにしようとする事務所の弁護士・忠守藤次郎役に上川隆也という顔ぶれが揃った。

そして、今回のドラマで描く依頼人の多くは女性。麗・凛香のバディは“女性の味方”としてそれぞれの持ち味を発揮していく。
“年齢の変化”“状況の変化”を目の前にし、それぞれ“幸せ”を掴もうとあがく居場所を失った女性たち。弁護士資格はあるが過去のトラウマから一人では法廷に立てない麗、超優秀だが資格を奪われやはり一人では法廷に立てない凛香。人生の岐路に立つ31歳の麗と41歳の凛香は二人で一人前。そんな二人は、弁護士として、女性として、依頼人の、そして自分の幸せを掴み取ることが出来るのか!?

ほろっとして、グッとくる…女性が楽しめる新しい本格派ドラマが誕生する!