メニュー

放送内容

2016年3月20日放送
TBSニュースバード:3月23日よる11:00〜
/ナレーター:坂口憲二

世界初!火山の動きを“見える化"
噴火は予知できる?〜火山内部を透視する“レントゲン” 
目に見えない火山の動きを“見える化”する2人の日本人研究者
東京大学 地震研究所 教授 田中宏幸さん
東京大学 大学院理学系研究科 准教授 森 俊哉さん
今年2月、鹿児島県の桜島が噴火。火口から真っ赤なマグマが吹き上がった―。
世界の活火山約1500のうち、110が集中する“火山大国”日本。
24時間体制で監視しても、御嶽山の噴火のように、その予測が困難な場合も…。
そんな中、目に見えない火山の活動を、独自のアプローチで解明しようと挑む
2人の日本人研究者がいる。

東京大学の田中宏幸。開発したのは“火山のレントゲン”。
宇宙から降り注ぐ「ミュー粒子」という素粒子を使い、火山の内部構造を“透視”することに
世界で初めて成功!マグマの分布や通り道など、噴火のメカニズムを新たに発見した。
そして、東京大学の森俊哉は、噴出する“目に見えない”火山ガスの成分を
離れた場所から可視化できる装置を開発。さらに、噴煙の中の火山ガスの放出量を測る
小型移動式の装置も開発した。 

火山の動きを“見える化”し、噴火予測の精度を上げようと挑む田中と森。
2人がひも解く、火山の知られざる姿とは―。