メニュー

放送内容

2015年9月13日放送
TBSニュースバード:9月16日よる11:00〜
/ナレーター:坂口憲二

100万人の命を救え!〜日本発、マラリアワクチン開発
世界最高レベルの発症予防効果!日本人研究者の挑戦
大阪大学微生物病研究所 教授/堀井俊宏さん
エイズ、結核と並ぶ“三大感染症”の一つ、「マラリア」。
100か国余りで流行し、年間2億人以上が感染、100万人以上が命を落としている…。
この世界的な感染症を撲滅しようと、一人の日本人研究者が立ち上がった!
大阪大学、堀井俊宏教授。“不可能に近い”とされてきた
『マラリアを予防するワクチン』の開発に約20年間挑み続け、
臨床試験で、世界最高レベルの“72%”という発症予防効果を実証したのだ。

これまで、世界各国でワクチン開発が行われてきたが、
その予防効果は、3〜4割程度。効果的なワクチンは、いまだ存在しない。
堀井のワクチンが承認されれば、“世界を救うマラリアワクチン”となる。
しかし、実用化までには、複数の臨床試験をクリアしなければならない…。
さらなる効果を実証するため、堀井は、
西アフリカのマラリア高度流行地域へと飛び立った。