文字サイズの変更 

噂の東京マガジン

毎週日曜 ひる1:00から

くちこみメール募集中

番組では、理不尽な出来事、困っている問題など身近な情報を募集しています。
2018年9月23日放送

さんまの蒲焼き丼

>>バックナンバー

船宿割烹 汐風 大将 細山和範さん
「さんまの蒲焼き丼」のレシピ


【材料】
さんま1尾
小麦粉適量
焼肉のタレ(甘口)大さじ5
赤みそ小さじ1
小さじ2
みりん小さじ2
しょうゆ少々
にら(みじん切り)2本
山椒適量
みょうが適量
ワンタンの皮(揚げたもの)適量
きざみ海苔適量
ご飯適量

【作り方】

1:さんまの頭と尻尾を切り落とし、腹に切れ目を入れて内臓を取り除く
2:流水できれいにしてから、骨に包丁をあてて、三枚におろし、キッチンペーパーで水気を取る
3:おろしたさんまに小麦粉をまぶす
4:フライパンに油を敷き、温まったら皮面から中火で焼く
5:焼肉のタレ、赤みそ、酒、みりん、しょうゆをボウルで混ぜ合わせ、最後ににらを入れる
6:さんまの表面に焼き色がついたらフライパンから出し、食べやすい大きさに切る
7:切ったさんまをフライパンに戻し、こんがり焼く。
8:フライパンを火から外し、5のタレを加え、余熱で煮詰める
→さんまの蒲焼きの完成
9:丼ごはんに蒲焼きを乗せ、山椒をふり、みょうが、ワンタンの皮、きざみ海苔を載せて完成
※かつお出汁をかけてお茶漬けにするのがおすすめ!

<ポイント>
・さんまは皮面から焼くことで皮がパリパリになる
・焼肉のタレを使うことで味が複雑になり、コクが出る
・タレは、鶏肉などにも合うので覚えておくと便利