インタビュー

→目次へ戻る

vol.03:前田敦子さん

(photo)

演じている井原晴香について教えてください。

私には実際、姉がいるのですが、以前からお兄ちゃんに憧れていたので、今回たくさんの兄弟に囲まれてお芝居が出来ることがとても楽しみです。
私が演じる晴香は井原家の長女で、自由なお兄ちゃんたちに囲まれて 「 私がしっかりしなきゃ!」 と思っている女の子。なので、このドラマを通して私もしっかりした女の子になれたらいいな… と思っています (笑)。

晴香を演じる上で気をつけていることはありますか?

足が不自由な女の子なので、第一にその部分を忘れずにお芝居をしなければ… というところと、とにかく家族がハチャメチャで乱闘シーンもあるので、そのシーンでは全力で演じられるように気をつけています。

共演者のみなさんの印象を教えてください。

山下さんと知念さんは、以前音楽番組でご一緒したことがあり、そのときの印象が強かったので、兄弟を演じさせていただくことになり不思議な感じがしますが、かっこいいお兄ちゃんと可愛い弟が出来たことが嬉しいです。榮倉さんは、スタイルがとても素敵で、榮倉さんと山下さんの隣にいると、私がとても背が小さくなってしまうので、「 大人っぽいっていいなあ〜。」 と思いました (笑)。まだお会いしてから間もないので、撮影が進むにつれてもっとお話しをして、仲良くなっていけたらいいなと思っています。

(photo)

現場で楽しみにしていることはありますか?

すごく人見知りなので、どうしようかな… と思っていたのですが、山下さんが心を開いてくれるみたいなので (※)、私も開いていこうかなと思っています (笑)。(※ 山下智久さんインタビュー より)

兄弟というのは、似ている部分がありますよね。撮影をしている中で、似ている部分を見つけていけたらいいなと思っています。

最高の人生終り方というタイトルですが、最高に人生を終らすには?

私は、人は一人では生きていけないと思います。大切な人や支えてくれている人が私の周りにはたくさんいるので、そういう方々に対しての感謝の気持ちを忘れてはいけないなと思っています。あとは… おいしいものを食べる (笑)。いつも思っているんですが、自分はいつどうなるかわからないので、食べたいものは食べて過ごしたいなと思っています (笑)。


↑このページの一番上へ