番組ラインナップ


3分11秒のメッセージ


被災地で、非被災地で、復興に向けて活動・表現する様々な人たちの思いを、1人「3分11秒のインタビュー」として放送。


放送時間 : 3月11日(日)毎時24分すぎ/54分すぎ

  • 菅原茂さん
    (宮城県気仙沼市長)
     

    「ご縁を大事に…、気仙沼のファンになって欲しい」

  • 森達也さん
    (映画監督/作家)
    映画「311」共同監督

    「“後ろめたさ”を媒介に、どう成長していくか」

  • 大友良英さん
    (ミュージシャン)
    プロジェクトFUKUSHIMA!

    「一つじゃない、複数の未来をどう作っていくか」

  • 西條剛央さん
    (早稲田大学大学院専任講師)
    ふんばろう東日本支援プロジェクト代表

    「誰にでも出来るサポートがある」

  • 龍崎孝さん
    (JNN三陸臨時支局 支局長)
     

    「温かさと、厳しさを持って」


  • 佐伯悠さん
    (釜石シーウェイブスRFC キャプテン)

    「これからが本当に勝負どころ」


  • 大棒秀一さん
    (NPO立ち上がるぞ!宮古市田老 理事長)

    「検証をしっかりして、後世に伝えていかなければいけない」

  • 望月正彦さん
    (三陸鉄道 社長)
     

    「地域の人たちが、明日に希望を持てるように」

  • 鈴木敏彦さん
    (カキ養殖業)
     

    「がれきをどけてから、時が止まったまま…」

  • 戸羽太さん
    (岩手県陸前高田市長)
     

    「やっと復興元年。心ひとつにがんばりたい」

  • 橋本久夫さん
    (宮古市議)
    月刊タウン誌「みやこわが町」編集長

    「物は壊れても、人は壊れない」

  • 古山敬光さん
    (慈恩寺住職)
     

    「落ち着ける場所を、家を、みんな求めている」

  • 沼崎喜一さん
    (岩手県山田町長)
     

    「被災3県で初の地質調査、ここから槌音が始まる」

  • 伊東豊雄さん
    (建築家)
     

    「自然と共生しながら、安全な街をつくる」

  • 千昌夫さん
    (歌手)
     

    「北国の春、少しでも早く迎えられるように…」

  • 山本隆さん
    (ピースボート災害ボランティアセンター代表理事)

    「ボランティアでしかできないことが、たくさんある」

  • MONKEY MAJIK
    Maynardさん DICKさん

    (ミュージシャン)

    「まだ一歩しか、踏み出せていない」

  • 中村政人さん
    (3331 Arts Chiyoda 統括ディレクター)
    東日本大震災復興支援プロジェクト展

    「忘れないためのアイデア」

  • しりあがり寿さん
    (マンガ家)
     

    「まだ“借り”は返してねー」

  • 開沼博さん
    (東京大学大学院学際情報学府
    博士課程在籍)

    『「フクシマ」論
    原子力ムラはなぜ生れたのか』著者

    「いかに忘却に抗うか」

  • 藤波心さん
    (アイドル)
     

    「意外と若い人に無関心な人が多い」

  • 草野真梨子
    (TBSニュースバード)
     

    「“3分11秒のメッセージ”の取材後記です」



3月11日(日)午後11時50分すぎ

3月11日、その一日の終わりに…。
宮城県気仙沼市出身のミュージシャン・畠山美由紀さんが、故郷への思いを綴った詩「わが美しき故郷よ」を朗読。

Copyright© 1995-2012, Tokyo Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.