番組ラインナップ

ニュースの視点
事件・事故や政局、環境や教育問題、経済の動向から国際政治まで・・・。
限られた時間では、伝えきれない事実や真実、捉え方があります。

「ニュースの視点」では、時事問題の中から毎日一つのテーマを絞り、
時にはゲストや専門家を招いたり、現場から生中継を繋いだり、
ニュースバードのキャスターが、政治部、経済部、社会部、
海外特派員などの現役記者や解説委員と共に、ニュースの本質に迫ります。

2008年7月30日放送

#1111 「皇太子さまスペイン訪問〜“水との共存”特別講演〜」

解説:社会部 本田三奈
担当キャスター:柴山延子

【テーマ】
7月16日から8日間にわたって行われた皇太子さまのスペイン公式訪問。サラゴサ国際博覧会では「水」をテーマにした特別講演を行った。約半年間、今回の講演のために普段の公務の合間を縫って準備に取り組んできた皇太子さま。江戸時代には「水路」を使って各家庭から「し尿」を集め、肥料にしていたという例をあげ、すでに「循環型社会」が確立していたと説明、こうした知恵や歴史を今に生かすべきとの考えを示された。同行した本田記者と共に今回のスペイン訪問を振り返った。
放送内容画像

2008年7月29日放送

#1110 「北京オリンピックまであと10日〜注目の選手・競技は?〜」

ゲスト:スポーツニッポン五輪担当 首藤昌史記者
解説:TBSスポーツ五輪担当ディレクター 榎本陽
担当キャスター:曽根純恵

【テーマ】
2008年8月8日、北京オリンピックが開催する。日本は、前回のアテネオリンピックで16もの金メダルを獲得したが、今回も大量獲得となるのだろうか?カギとなる選手・チームの状態を競技別に検証した。

【放送後記】
ゲストのスポーツニッポン首藤昌史記者は、『今回、どのくらいのメダルを獲得できるかは、最初の注目種目、柔道が鍵をる。』と、おっしゃっていました。ちなみにアテネオリンピックでは、全競技で、金が16個、銀が9個、銅が12個。トータルで、37個のメダルを獲得しています。この記録を北京で上回ることができるのか、見所です。
そして、何よりも、選手が精一杯の力を出し切って、日本チーム全体がいいムードになることを願っています。私が楽しみにしているシンクロと女子バレーの活躍も期待です。24日まで、みんなで日本を応援しましょう!!(曽根純恵)
放送内容画像

2008年7月22日放送

#1109 医療シリーズ「医療を患者の手に3〜患者と医師のコミュニケーション〜」

ゲスト:神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長 坪井正博氏
解説:専門記者室 小嶋修一
担当キャスター:曽根純恵

【テーマ】
“患者の知る権利”の行使や、“医師の説明責任”、アメリカ並みとなってきた医療過誤訴訟など、様々な要因や背景から、患者と医師とのコミュニケーションのありかたは、大きく変わろうとしている。一方、日本でも少しずつ普及している“チーム医療”によって、患者が、自分自身の治療法を選択するという、患者主体の医療という考え方も、患者と医師とのコミュニケーションコムの関係を変化させてきている。
そこで、患者が主体の医療のあり方を問うシリーズ3回目は、神奈川県立がんセンター呼吸器外科の医長・坪井正博氏をスタジオに招き、“患者と医師とのコミュニケーション”を医師の目線から考えた。

■坪井正博氏
レーザー治療など肺がん治療では世界を牽引してきた東京医科大学呼吸器外科の准教授、7月から、神奈川県立がんセンター呼吸器外科の医長も兼任。“患者と医療者とのコミュニケーションスキル“を学ぶツールの一つ「スパイクス」をアメリカから持ち帰り、いち早く導入。

■このシリーズでは、皆様の様々なご意見や質問を受け付けていますので、HPやお手紙にてお寄せください。
放送内容画像

2008年7月17日放送

#1108 「夏本番目前、夏の日本・北京の天気は」

解説:増田雅昭気象予報士
担当キャスター:曽根純恵

【テーマ】
日本列島は続々と梅雨明けを迎え、夏本番目前。気象予報士の増田雅昭氏と共に、全国的な梅雨明けの時期や今夏の天気を予測した。また、「熱中症」の予防法と注意点を解説。そして、今夏最大のイベントである五輪の開催地・北京の天気を占った。

【放送後記】
関東地方が梅雨明けしました。これからますます暑くなりそうなので、熱中症には十分気をつけてください。
熱中症の予防は・・・
■のどが渇いたと感じる前でもこまめに水分を補給したり、外出時には、帽子や日傘を使ったり、首やわきの下を冷やしたりして下さい。
■家で熱中症にかかることもあるので、暑さを我慢せず、扇風機やクーラーを活用してください。
来月オリンピックが開催される、お隣、中国の天気も気になりますが、なんと、8月の特徴として、2日に1回は雨が降るらしいんです。果たして天気に恵まれるのか、ちょっと心配ですね。(曽根純恵)
放送内容画像

2008年7月16日放送

#1107 「iPhone販売開始〜黒船襲来・どうなる携帯電話事情〜」

解説:経済部 市澤牧彦
担当キャスター:松井陽子

【テーマ】
2008年7月11日、世界21か国同時に日本でも販売が開始された米・アップル社の携帯電話「iPhone」。販売店の前には、3日前から行列ができるなどその過熱ぶりは大きな話題となった。果たして、成長が頭打ちになっていると言われる日本の携帯市場の救世主となり得るのか?「iPhone」発売に揺れる携帯電話業界の今に迫った。
放送内容画像

2008年7月15日放送

#1106 「女性のがんをどうにかしたい〜立ち上がった患者たち〜」

解説:専門記者室 小島修一
ゲスト:NPOブーゲンビリア 内田絵子理事長
担当キャスター:柴山延子

【テーマ】
日本のがん医療を変えようという患者を中心とした動きは、年々活発化し全国各地でみられるようになった。乳がんの闘病者であり、NPOブーゲンビリアの理事長を務める内田絵子さんは、今月、急増する“女性がん”に対する行政への働きかけの一環として、国会議員や都議会議員らを招き、がんシンポジウムを開いた。内田さんと、今抱えている女性がんの問題や行政の対応を取材した。

【放送後記】
東京の女性のがんの死亡率は、全国で「ワースト5」、乳がんは「ワースト1」。高度な医療技術を持つ大病院の多い東京がこのような現状に覆われていることは、あまり知られていません。内田絵子さんは自ら患者の会を立ち上げて、国や自治体に患者の声を届けようと活動をされています。
「東京都女性がんシンポジウム」は、全国平均並みの死亡率になれば助かる命の数と同じ330人の出席者(実際には上回っていたそうです)を、国会議員に見てもらうというところから始まりました。舞台裏の打ち合わせでは、皆さんの表情がとても生き生きとしていて、目の前の現実に正面から向き合っている姿に圧倒されましたが、そのパワーが会場へも注ぎこまれていたように感じました。
がんは国民の2人に1人がかかる病気と言われるようになって久しいですが、実際には多くの壁が存在していることも再認識しました。患者・医療現場・行政がそれぞれの立場からよりよい医療を目指すことと同時に、私たちが、がんを特別視せず身近な問題として考えていくことを、求められる時代が来たのではないかと感じます。(柴山延子)
放送内容画像

2008年7月10日放送

#1105 「ジンバブエ問題と各国の反応」

解説:日本大学 青木一能教授
担当キャスター:小川亜希子

【テーマ】
「深刻な懸念」と洞爺湖サミットで特別声明が出された国・ジンバブエ。不透明な大統領選挙で再選を果たしたムガベ氏を見つめる視線は、G8だけでなく、他のアフリカ諸国からも厳しい。ジンバブエの政治腐敗と独裁政権はなぜ起きたのか、そして、今後の行方は。

【放送後記】
物価上昇率 約16万%
失業率 約80%
この衝撃的かつ壊滅的な数値は、かつて『アフリカの穀倉』とも呼ばれたジンバブエの現状です。
ゲストの青木教授は前回の総選挙で、選挙監視団の一員としてジンバブエを訪れましたが、事前に選挙終了後、暴動から身を守るために退去経路を知らされるというまさに命がけの選挙だったといいます。そして、今年行われた総選挙では、日本からは監視団の派遣もできないほどの異常事態に。こうしたムガベ政権に対して、各国反応は『非難』と『静観』に分かれましたが、たとえ、国連安保理などが圧力をかけ、ムガベ大統領が更迭されたとしても、国内の現状が改善されていくかは、不透明だといいます。非難を続ける日本は、援助金を出すだけではなく、もっと強い姿勢で、国民の目線に立った援助が必要なのではないでしょうか(小川亜希子)
放送内容画像

2008年7月9日放送

#1104 「洞爺湖サミット きょう閉幕 “環境サミット”その評価は?」

解説:外信部長 河本知之
担当キャスター:滝本沙奈

【テーマ】
北海道・洞爺湖サミットは、温暖化問題や原油、食糧の高騰への対応など、緊急を要する問題が話し合われた。22カ国が参加した史上最大規模のものだったが、中国、インドなどの新興国抜きに解決の道筋をつけられないというG8の限界も露呈した。福田首相の議長総括を受けつつ洞爺湖サミットの成果を検証した。

【放送後記】
地球規模の問題への取り組みや、史上最大規模の参加国ということで注目を集めた今回のサミットでしたが、採択された文言は大変まどろこしく、やや頼りない印象でした。温室効果ガスの排出削減目標では、新興国からすれば、今まで二酸化炭素をさんざん排出してすっかり発展した主要国と同様に削減目標を迫られても、納得出来ないでしょう。しかし、そうも言ってられないのが地球環境の現状です。主要国の舵取りを期待したいところですが、それぞれの立場に配慮したような気の弱い結果に思えます。とはいえ、前回よりも一歩踏み込んだということで、今後の進展の皮切りになることを願います。
また、拉致問題が初めて「未解決の懸念事項」ではなく、しっかりと文言が盛り込まれました。各国からの支持が、日朝関係改善や拉致問題解決への大きな後押しになるにちがいありません。(滝本沙奈)
放送内容画像

2008年7月8日放送

#1103 医療シリーズ「医療を患者の手に2〜チーム医療〜」

解説:専門記者室 小嶋修一
担当キャスター:曽根純恵

【テーマ】
患者中心の医療のあり方を問うシリーズの二回目は、多くの専門医師がチームプレーで、その患者にとって一番言い治療法を見つけ出す「チーム医療」を特集した。今、アメリカで進む、医師間の垣根を取り払った患者主体の医療システムとは。“アメリカと日本とのチーム医療の差”を検証して、医療のあるべき姿を考えた。

【放送後記】
多くの専門家がチームプレーで、患者にとって一番良い治療法を見つけ出す「チーム医療」。チーム医療が進むアメリカに比べ、日本では、医師不足のため、ほとんど取り入れられていません。それぞれの分野のプロで支えれば、ちょっとした見落としはなくなるでしょうし、患者にとって、どんなに心強いことでしょうか。環境を変える上で、国の対策はもちろん急務だと思いますが、患者にとって最高の医療とは何なのかを国と医師側がしっかりと模索してほしいです。(曽根純恵)

■このシリーズでは、皆様の様々なご意見や質問を受け付けていますので、HPやお手紙にてお寄せください。
放送内容画像

2008年7月3日放送

#1102 「ダビング10 7月4日4時スタート〜適正な対価の還元とは〜」

ゲスト:実演家著作隣接権センター 椎名和夫氏
担当キャスター:松井陽子

【テーマ】
7月4日から、今まで1回しかダビングできなかったデジタル放送の番組が、対応録画機種さえあれば、10回までダビングができるようになる。視聴者にとって、歓迎すべき措置のように見えるが、実は、この「ダビング10」がスタートするにあたって、著作権者に対しコピーの対価をどう補償するかという問題が紛糾し、結局、解決が先送りとなっている。視聴者、メーカー、権利者、の三者が納得のいく環境を実現するために必要な「適正な対価の還元方法」とは。
放送内容画像

2008年7月2日放送

#1101 「いよいよ洞爺湖サミット〜開催地・北海道は〜」

解説:HBC北海道放送報道局デスク 佐々木宏信
担当キャスター:柴山延子

【テーマ】
いよいよ来週月曜日に迫った北海道洞爺湖サミット。サミットが行われる開催地・北海道では、警察官ら約2万1千人を動員し警備にあたる方針だ。過去最大の警備体制の中、サミットを迎える地元住民の思いは?また、名物の花火大会や毛ガニ・ホタテ漁の行方は?HBC北海道放送のスタジオと中継を結び、現地の最新情報を伝えた。
放送内容画像

2008年7月1日放送

#1100 「G8外相会合が残したもの」

解説:政治部 斉藤泉
担当キャスター:曽根純恵

【テーマ】
7月7日から開かれる北海道洞爺湖サミットを前に、京都でG8外相会合が開かれた。アフガニスタンやミャンマー情勢への対応も話し合われたが、主要テーマは「北朝鮮問題」。議長声明でも「北朝鮮問題」が大きな比重を占めた。会合初日の6月26日には、アメリカが北朝鮮の「テロ支援国家指定解除」を発表したため、日本にとって拉致問題が置き去りにされる、との声があがった。そんな中行われた日米外相会談でライス国務長官は「拉致問題は米国にとっても懸念すべき重要な問題。解決に向け努力する」と約束をしたが・・・。
「核問題の解決」にウェイトを置くアメリカと、「拉致問題の解決」へ突破口を見つけたい日本。日米両国の「北朝鮮問題」を考えた。

【放送後記】
京都で行われたG8外相会合の初日に、北朝鮮が核計画の申告を行い、メインテーマは、北朝鮮問題に終始しました。アメリカが早速、テロ支援国家指定を解除する手続きに入ったことから、解決しない拉致問題が置き去りにならないのか、不安が広がっています。拉致問題について、各国からの支持をとりつけ、議長声明に盛り込んだことは一定の成果だという見方もある一方、解決のために、どこまで力を貸してもらえるのかを疑問視する見方もあります。7月7日から始まる北海道洞爺湖サミットでは、日本が、トップクラスを誇る環境対策の他、各国首脳に有益なメッセージを発信できることを願っています。(曽根純恵)
放送内容画像
Copyright© 1995-2014, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. TBSトップページサイトマップ