番組ラインナップ

JNNドキュメント
地上波では、地域ごとにしか見ることのできない
地方局制作のドキュメンタリー番組を毎週お届けします。
TBSの日本全国28局の系列局、JNN(Japan News Network)が誇る
日本各地の取材班が、時間をかけて紡いだ秀逸のドキュメンタリーを
お送りします。
  • ○2017年3月○
  • 3月7日(火)負けんばい 〜熊本地震からの復興をめざして〜 制作:RKK 熊本放送
  • 3月14日(火)忘れない3.11 “秋刀魚”勝負の秋! 制作:IBC IBC岩手放送
  • 3月21日(火)守れ!命 〜会津中央病院の挑戦〜 制作:TUF テレビユー福島
  • 3月28日(火)闘う弁護士 制作:RKB RKB毎日放送

今月のピックアップ

画像01

3月28日(火)午後11時から放送
闘う弁護士
制作:RKB RKB毎日放送 
RKB初回放送:2016年12月25日(日)

○内容○
 久留米第一法律事務所の馬奈木昭雄弁護士(74)。裁判資料を詰め込んだトレードマークの風呂敷を手に、好々爺然とした風貌の馬奈木さんだが、ひとたび法廷に立つとその温顔は豹変し、舌鋒は火を吹く。
現在は、諌早湾干拓をめぐる裁判で、国などを相手に潮受け堤防の開門を求める漁業者側の弁護団を率いる。一度は開門という司法判断が出たものの、それは履行されず、様々な裁判が乱立し、現在は和解協議が進行中だ。提訴からまもなく15年という長い闘いが続く。    
これまで司法史に残るような大きな裁判を数多く手がけてきた馬奈木弁護士。弁護士になりたての頃かかわった水俣病訴訟が、原点となった。以来常に弱者に寄り添い、国や企業の責任を追及してきた。
そんな馬奈木さんにブレーキをかけたのが、2010年の末に発覚したガン。間もなく古希と言う頃、身体を大事にしながら少しゆっくりしようかと思った矢先、東日本大震災が起きた。福島原発事故を目の当たりにして愕然とする。公害問題に取り組んできた弁護士として、原発の危険性を感じていた。「闘いが足りなかった」痛恨の思いを胸に、再び闘いの場に戻ってきた。
馬奈木弁護士は「絶対に私たちは負けない」という。なぜなら「勝つまで闘うから」。闘い続ける弁護士の姿を追い、その哲学を探る。
画像02
画像01

3月14日(火)午後11時から放送
忘れない3.11 “秋刀魚”勝負の秋!
制作:IBC IBC岩手放送 
IBC初回放送:2016年9月24日(土)

○内容○
 アジア各国による“爆獲り”も影響し、全国のサンマ漁獲高は減少の一途をたどっている。そんな中、2016年秋、秋刀魚で勝負に出る動きが岩手県内で散見される。
津波でサンマ船を失うなど大きな被害を受けた大船渡市の鎌田水産は、2016年新造船を建造し、国内最多の5隻の大型サンマ漁船を投入してシーズンを迎える。本州一の水揚げを誇る秋刀魚の町「大船渡」をけん引するサンマ会社の戦略は?
そして、国内最多の遠洋マグロ漁船を所有し世界の海でマグロを追う釜石市の浜幸水産も、2015シーズンからサンマ漁に参入!
2016年は新造船も追加し、北海道東方沖へと向かった。
陸でも、仲買、加工、小売、それぞれの立場でサンマに関わる人々が漁獲と相場を睨みながら、秋刀魚の勝負に出る。
最盛期を迎える2016年秋のサンマ漁と、それに関わる人々を追った!
画像02
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. TBSトップページサイトマップ