あらすじ

『猫弁〜死体の身代金〜』写真主人公・百瀬太郎(吉岡秀隆)は頭脳明晰ながら、なぜか“ペット絡み”の案件を依頼されることが多く、『猫弁』というあだ名で呼ばれている天才弁護士。心優しき百瀬は、哀れな事情を抱えた猫を見つけると放っておけず、彼の弁護士事務所では11匹の猫たちが暮らしている。
幼い頃に母親と別れた百瀬は、「家庭を持ちたい」と強く願っているのだが、結婚相談所職員・大福亜子(杏)のもと見合いを繰り返すも、残念ながら現在30連敗中。そんなある日、百瀬は靴磨きの老女(渡辺美佐子)に声をかけられ、片方の靴だけを磨いてもらった―――。

『猫弁〜死体の身代金〜』写真***

とある葬儀場で、大手靴メーカーの会長の葬儀が静粛に営まれていた。会長の息子で、喪主でもある大河内進(岩松了)の挨拶が終わったその時、事件が発生!なんと、棺を乗せた霊柩車が、運転手を残して走り出したのだ。まさかの“霊柩車ジャック”に、葬儀場は騒然となり…!?

『猫弁〜死体の身代金〜』写真後日、百瀬のもとへ、この事件を解決して欲しいという依頼が舞い込んだ。遺族には、どうやら警察に通報できない事情があるようだ。依頼主である進は、死体に1540万円の身代金を支払えという電話があったこと打ち明け、秘かに事件を解決してもらいたいと百瀬に懇願。百瀬は少ない情報をもとに、犯人を推理するのだが――!?

PAGETOP