あらすじ

→予告動画

最終話「終幕〜時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」2011年12月18日(日)よる9時放送

(photo)

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、第三次南極観測隊への参加を一度は断念したが、「 宗谷 」 の修理が完成した頃、氷室 (堺雅人) や 星野 (香川照之) の働きかけにより、再び 「 南極大陸 」 へ行けることとなった。そして倉持は、美雪 (綾瀬はるか) に 「 待っててほしい 」 と自分の気持ちを告げた。
昭和33年11月12日、犬たちが生きているという“奇跡”を信じる想いを乗せた南極観測船 「 宗谷 」 は、南極へと出発した。

南極へ向け荒波を切り裂いて進む 「 宗谷 」 は改良されても激しい揺れに苛まれる。暴風圏をなんとか抜け、南極圏に入ることはできたが、本当の闘いはここから始まった。大陸までは180キロ。前回の反省を踏まえ、「 宗谷 」 での上陸を目指しながらも、空輸で越冬隊と必要物資を運搬する作戦をたてる。そして、白崎は天候が回復し、安全な距離になったら一足先に昭和基地に偵察に行く役目を倉持に任命するのだが…。

その頃、リキは強いブリザードの中、倒れながらも ”ある場所” へ必死に進んでいた…。


↑このページの一番上へ