あらすじ

→予告動画

第九話「終幕へ…奇跡が起きる!」2011年12月11日(日)よる9時放送

(photo)

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、日本中の夢と期待を背負いながら過ごした南極での過酷な越冬生活を、仲間である樺太犬15頭を昭和基地に残したまま日本に帰国するという形で終える。
帰国した倉持は、樺太犬の飼い主たち1軒ずつに、“南極での犬たちの生活” を伝える旅に出る。そこで、リキの飼い主・遥香 (芦田愛菜) の “リキを信じる気持ち” に触れ、倉持は自分が間違っていたことに気付かされる。犬たちが生きていることを信じ、第三次隊になり、再び南極へ行く決意をする倉持。その時、第三次観測隊が正式に決まった知らせを受ける。

倉持は、“もう一度、南極に行きたい” という思いを伝えるため、星野 (香川照之)氷室 (堺雅人) らのいる日本学術会議ビルに戻ってきた。しかし、第三次隊の選考基準の中に 【第一次及び第二次越冬隊に参加した者は除く】 という項目があり、愕然とする。白崎 (柴田恭兵) は、第一次隊からも希望者を募らせてもらえるよう、選考基準を作った文部省の事務次官を説得する。

その頃、南極に残された犬たちは、ブリザードの吹き荒れる過酷な環境の中、生き残るために必死にもがいていた…。


↑このページの一番上へ