東野圭吾SP〜ドラマの裏の謎に迫る〜

パナソニック ドラマシアター『東野圭吾ミステリー 浪花少年探偵団』(東野圭吾 原作)毎週月曜よる8時〜放送

メニュー

スペシャルコンテンツ

Twitter・Facebook


『浪花少年探偵団』には、原作者である東野圭吾先生にまつわるエピソードがいろいろと隠されているというウワサ。そこでドラマ制作の舞台裏を極秘調査ーっ!

vol.3『東野圭吾先生が通った大阪の小学校とは…』

ドラマ制作にご協力いただいた小路小の藤倉校長先生に伺いました!
「うちの学校の子どもたち、あちこちで『ALWAYS三丁目の夕日』て言われてるんです。あの時代の子どもそのものやって。小路小は創立139年の歴史があって、この地域で最初にできた小学校。小さな町やけど、だんじり(山車/だし)が二つもある。なんというか、昔も今も子どもたちが大人を信頼してるんですね。昨年、黒沢プロデューサーが僕のとこに来られた時もそんな話を延々したら、ごっついレポートに上げはって、それを読んだ脚本家の吉田先生が僕に興味を持たれたみたいですね。翌月、吉田先生や池澤監督も来られて、授業を見たり、給食を食べたり。ほぼ半日、子どもと一緒に過ごしてました」とのこと。そして再び、藤倉校長先生の自転車の先導で、東野先生が生まれ育った町をみんなでシナリオハンティングしたそうです。
ドラマの随所に生かされている風景や、子どもたちのキャラクターなどの昭和テイストは、そんな大阪取材のたまもの!藤倉先生は今年3月に小路小を退職されましたが、もちろん今も小路小や子どもたちを愛し、ドラマを楽しんでくれているはず♪

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.