みどころ

ある日、がんで余命宣告を受ける…その時、もし、わが子が幼かったら…そして、夫婦ともにがんになってしまったら…TBSドラマ初主演・吹石一恵が実話をベースにした感動のヒューマンドラマに挑む!

 TBSでは、『MOZU Season2 〜幻の翼〜』の後を受け、11月から木曜ドラマ劇場で、夫婦でがんになり余命宣告を受けた家族の実話をベースにした物語『ママとパパが生きる理由。』をドラマ化する。

 原案は、芽生著の『私、乳がん。夫、肺がん。39歳、夫婦で余命宣告。』(大和出版)。

 原案は著者ががんになった2012年から、闘病や家族のことについて書き綴ったブログが話題となり、そのブログの内容をまとめたものである。著書には、過酷な状況の中でも命をあきらめない、生命力に満ちた瑞々しい言葉と家族への愛に満ちた言葉が綴られ、読者に深い感動を与えた。著者の思いを大切にしながら、著書には書かれていない家族の物語をドラマというフィクションのかたちで描き、日々の生活に追われる大人にも、これから成長する子どもたちにも、かけがえのない“命と家族”の大切さを伝えていく。

 主演は、TBSドラマ初主演となる吹石一恵。幼い子ども2人を持ちながら乳がんになってしまう主人公・吉岡柊子を演じる。柊子は、子どものためにも決して病気に負けないことを誓い明るく前向きに生きるが、時折押し寄せる恐怖と不安に心が苛まれる…。確かな演技力で“ヒット作に吹石一恵あり”と女優として評価を高め続ける吹石が、主人公・柊子の繊細な心の動きをどのように演じきるのか、ぜひご期待下さい。また、柊子の乳がんが判明した後に自身も肺がんの告知を受ける柊子の夫・吉岡賢一役は、NHK大河ドラマ「龍馬伝や映画「るろうに剣心」に出演し、存在感溢れる強い演技で注目を集めている俳優・青木崇高が演じる。吹石と青木が、余命を宣告されてもなお夢を持ち、ユーモアを忘れず、強い愛に満ちた“家族”をどう演じるかご注目ください。

 ドラマでは、母親からの目線だけではなく、父親、そして子どもたちからの目線でも大切に描いていく。決して命をあきらめなかった母と父、その姿を見続けた子どもたち、そしてその家族を見守る祖父母たち、3世代の“愛と命の記録”。感動のヒューマンドラマをお見逃しなく!!

<プロデューサー・韓 哲>

原案の著書を読んだとき、夫婦でガンになるという過酷な状況で生きているはずの著者・芽生さんの“生きる力”が健康な自分よりもはるかに強いことに感動し ました。生きることを決してあきらめなかった芽生さんとご家族が残した思いをしっかり詰め込んで、1年が終わる11月から12月にかけて、かけがえのない “命と家族”の大切さについて考えるドラマにしていきたいと思っています。