はじめに

(写真)

小池真理子の最高傑作と評される直木賞受賞作がこの秋に石原さとみ主演でドラマ化決定!

TBSでは来る12月16日に、スペシャルドラマ『恋』を放送することが決定しました。原作は、小池真理子の最高傑作と評される第114回の直木賞受賞作『恋』。『恋』というタイトルから多くの人が想像するのは、一組の男女の純愛を描いた恋愛文学かもしれません。しかし、そういう読み手の想像を見事に裏切り、予想のできない結末に向かって静かに、やがて激しく疾走する物語です。

時代が多量のエネルギーを持っていた、1970年代初頭の日本。高度経済成長と安保闘争に沸く東京と、閑静な避暑地・軽井沢を舞台に描かれる友情、純愛、不義、三角関係、そして殺人……そのエキセントリックさにもかかわらず、震えるような切なさと救いを感じさせる重厚な読後感は、まさに直木賞受賞作の名に恥じないもの。現代文学史上、特筆されるべき名作と言えるでしょう。

多くの人に愛されたその作品は、幾度となく映像化が囁かれながら、混沌と透徹性が複雑に絡み合った世界観を再現する難しさから実現されませんでしたが、2013年秋、ついにドラマとして映像化されます。

主演を務めるのは石原さとみ。男女幅広い世代から絶大な人気を誇り、近年は、ますます演技力にも磨きがかかる石原が、女子大生、矢野布美子を熱演します。

脚本・監督には「遺恨あり明治十三年最後の仇討」で第37回放送文化基金賞本賞を受賞した源孝志。映画「TOKYO TOWER」「大停電の夜に」など独特の美しい映像表現に定評があり、『恋』の持つ官能と純粋の織りなす魅力を最大に引き出しています。

お知らせ

13.12.13
ギャラリー第二弾を公開しました!
13.12.09
ギャラリー第一弾を公開しました!
13.12.06
予告動画を公開しました!
13.12.03
2013年12月16日よる9時放送のスペシャルドラマ『恋』の番組サイトがオープンしました!