JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

報道の魂
Topページへ
2017年4月7日 放送
photo
「震災から6年 事故後初!原発沖の海に潜る」

3月11日で震災から6年が経過した。福島の海は、原発事故の影響で未だ試験操業が続くが、徐々に、獲れる魚種は増え、この3月には操業禁止区域も狭まった。

そんな福島の海がどうなっているのか?それを知りたいと、原発沖の海に潜った男がいる。

須賀次郎さん、82歳。50年以上も潜水ダイバーとして日本中の海を潜ってきた。ダイバー仲間の間ではレジェンドと言われている伝説の男だ。彼は、今から40年以上前に人工魚礁の調査で福島の海に潜っている。

須賀さんは、原発事故後、一度は潜ろうとしたが断念した。そのことが悔やまれ、なんとか潜りたいと機会をうかがっていた。

そして、今回、80歳を超える老体にむち打ち、果敢にも第一原発沖の海に潜った。そこで彼が目にしたものは?テレビカメラが密着した。


ディレクター:桶田敦(テレビユー福島)

photo
photo
photo
「報道の魂」HPはこちら
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.