EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第482回2006年02月12日
デル・モンテ城(イタリア)
遺産名:
デル・モンテ城
Castel del Monte
所在地:イタリア(Italy)
分 類:C(i)C(ii)C(iii)
登録年:1996
放送日:2006年02月12日
放送回:第482回
デル・モンテ城
previous on air
  next on air
onair access slide


ヨーロッパ中世建築の中で独特な光を放つデル・モンテ城。
神聖ローマ皇帝、フリードリヒ2世自らが設計に深くかかわった謎の城。フリードリヒ2世は、教会の建築様式やイスラームの様式をとりいれ、見事に融合させた。
photo

神聖ローマ皇帝の息子とシチリア国王の娘との間に生まれたフリードリヒ2世。3才という若さでシチリア国王となり、幼少期を、異文化が交わるシチリア島のパレルモで過ごした。他の王侯がキリスト教世界しか知らなかった時代、彼は当時世界最先端の知識をアラブ世界から得ていた。
photo

デル・モンテ城の床に埋め込まれたモザイク。
六角形をモチーフにした対照的な幾何学文様は、イスラームの影響を示しておりフリードリヒ2世がシチリアから連れてきた職人が作り上げたといわれている。
photo

フリードリッヒ2世の死から750年後、パレルモ大学を中心とした調査チームが、修復のためにフリードリヒ2世の棺を開けた。フリードリッヒ2世の墓には、不思議なことに3つの遺体が発見された。一人は、後年シチリアを支配したスペイン国王。もう一人は女性。なぜこの二人が棺に入れられたのか、それは謎に包まれたままである。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.