世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第455回2005年07月10日
ドレスデンのエルベ川流域(ドイツ)
遺産名:
ドレスデンのエルベ川流域
Dresden Elbe Valley
所在地:ドイツ(Germany)
分 類:C(ii)C(iii)C(iv)C(v)
登録年:2004
放送日:2005年07月10日
放送回:第455回
ドレスデンのエルベ川流域
previous on air
  next on air
onair access slide


ドイツ東部の辺境の街「ドレスデン」は、今から800年ほど前エルベ川の水運を生かした銀の取引で目覚しい発展をとげた。
そのほとりにたたずむバロック様式の建築群は「バロックの真珠」、「エルベのフィレンツェ」と讃えられる。
photo

絶大な富と権力をほしいままに、この地の領主は世界中のありとあらゆる美術品を収集。その膨大なコレクションは古今東西の文化を映し出す「世界の鏡」であり、芸術の都としてヨーロッパに君臨した。
photo

当時、ヨーロッパの王侯貴族に流行した東洋の磁器。その製法の秘密を暴くことが錬金術師の命題だった。1709年、初めてヨーロッパで硬質磁器の秘密を暴き、完成させた地が「ドレスデン」である。
現在、ドレスデン近郊のマイセンに「マイセン磁器」として受け継がれている。
photo

1945年2月、連合軍の無差別爆撃により、3万5千人の市民の命とともに街は全壊した。その後60年を経て、街のシンボル「聖母教会」の再建とともにかつての美しい街並みがよみがえろうとしている。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.