EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第425回2004年12月05日
タリン旧市街(エストニア)
遺産名:
タリン旧市街
The Historic Centre (Old Town) of Tallinn
所在地:エストニア(Estonia)
分 類:C(ii)C(iv)
登録年:1997
放送日:2004年12月05日
放送回:第425回
タリン旧市街
previous on air
  next on air
onair access slide


ヨーロッパの東の辺境に残された、中世ドイツの街並みを再現したような美しい街並み・タリン旧市街。13世紀、ハンザ同盟に加盟したことで繁栄した港町である。
ロシアとドイツを結ぶバルト海きっての港湾都市であったが、その立地条件の良さ故、周辺の諸大国による支配の波に、700年近くもの間、翻弄され続けることとなった。
photo

中世、港町として栄えたタリンの象徴とも言うべき建築物、オレヴィステ教会。
当時、157mあったこの塔は、世界一の高層建築であった。
photo

支配者貴族の為の教会であった、山の手に位置するトーム教会。その内部の壁には、貴族達の紋章が、権威を誇示するかのように、誇らしげに飾られている。
photo

エストニア共和国の現・国会議事堂(内部)。斬新な色使いと装飾の施された内部は、諸大国の支配に翻弄され続けたエストニア人が独立回復を勝ち取った際、“支配下に置かれていた当時には無かった建築物を”、と作られた、自由とアイデンティティ、独立の象徴である。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.