EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第257回2001年06月17日
ローマ歴史地区II(イタリア/バチカン)
遺産名:
ローマ歴史地区II
Historic centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura
所在地:イタリア/バチカン(Italy/Holy See (each according to its jurisdiction))
分 類:C(i)C(ii)C(iii)C(vi)
登録年:1980,1990
放送日:2001年06月17日
放送回:第257回
ローマ歴史地区II
previous on air
  next on air
onair access slide


紀元前5世紀前半のエトルリアのブロンズ彫刻「カピトリーノの雌オオカミ」。双子の部分はルネサンス期に追加されたもの。ロムルスとレムルスの双子が雌オオカミに育てられたというローマ建国神話を表しており、ローマの象徴として親しまれている。
photo

紀元前312年のアッピア水道を皮切りに、建設された水道は100年の間に11系統、延べ400kmに達したと言われる。古代ローマの繁栄と共に増え続けた水の需要を賄うため、ローマ人達は水道建設の大事業に挑んだ。
photo

紀元前44年3月15日、ユリウス・カエサルが暗殺される。カエサルの遺言で後継者に指名されたのはオクタウィアヌスだった。暗殺者たちを倒しカエサルの復讐を果たしたオクタウィアヌスは、復讐の神マルスへの感謝を込め、フォロを建設した。
photo

現存する最大の凱旋門。コンスタンティヌス帝が312年、政敵マクセンティウスの軍隊に勝利したことを記念して建てられた。コンスタンティヌスはその後キリスト教を容認、キリスト教は更にローマ帝国の国教となる。西ローマ帝国崩壊後、ローマはキリスト教の首都となるべく新たな道を歩んでいく。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.