EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第226回2000年11月05日
バンベルク(ドイツ)
遺産名:
バンベルク
Town of Bamberg
所在地:ドイツ(Germany)
分 類:C(ii)C(iv)
登録年:1993
放送日:2000年11月05日
放送回:第226回
バンベルク
previous on air
  next on air
onair access slide


ドイツ南部、バイエルン州の街・バンベルク。数々の聖堂や修道院をいだく7つの小高い丘に囲まれたこの街は、「フランケンのローマ」と呼ばれている。11世紀初め、ドイツ国境付近での争いを治めるため、神聖ローマ帝国皇帝・ハインリヒ2世は、この街に居を移すことに決める。それまで、フランケン地方の一都市に過ぎなかったバンベルグは、にわかに神聖ローマ帝国の中心地として、歴史にその名を残すことになる。
photo

小さなベニス地区。レグニッツ川のほとりに建つ花で飾られた家々は「小さなベニス」と呼ばれている。かつてここは漁師たちの住まいだった。
photo

カイザードム。皇帝の大聖堂。この建築物こそがバンベルク繁栄のはじまりだった。司教座がバンベルクに置かれてから政治、宗教の権力がここに集中した。さらにバンベルクを治める司教には多額の寄付が集まり、司教の力は絶大となる。
photo

バンベルクの農地の多くは、住宅によって囲まれている。壁に囲まれることによって風を防ぎ、温度の変化が少なくなるため、通常より作物の育ちが早くなるという。主要な作物は甘草。砂糖の代わりとして、また薬草として利用された。ドイツで消費される甘草の7割がバンベルクで栽培されていた。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.