世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第222回2000年10月08日
大足石刻(中国)
遺産名:
大足石刻
The Dazu Rock Carvings
所在地:中国(China)
分 類:C(i)C(ii)C(iii)
登録年:1999
放送日:2000年10月08日
放送回:第222回
大足石刻
previous on air
  next on air
onair access slide


中国・四川省。長江沿いの都市・重慶から北西160kmに位置する大足は、「石刻の郷」と呼ばれる。敦煌や雲崗石窟と並ぶ、中国石窟美術の宝庫である。
photo

大足には、唐代から南宋までの数百年間に渡り刻まれた、5万体を超える彫像が残る。端正な仏像のみならず庶民の姿を生き生きと描いた作が多いことから、”東洋のルネサンス”とも称えられる。
photo

黄金色に輝く「千手千眼観音」。岩壁いっぱいに広がる1007本の手はひとつとして同じもの無く千変万化する。構想は新奇独特にして気勢は宏大壮観。他に例のない傑作。
photo

インドに発祥し、シルクロードを経て中国に伝えられた石窟美術は、以後900年に渡り中国独自の洗練を極めていくが、やがて相次ぐ戦乱の中、この大足を最後に、事実上消滅する。円熟の技を残す大足石刻は、ひとつの文化の最後の証人でもある。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.