世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第201回2000年05月07日
アンコールII(カンボジア)
遺産名:
アンコールII
Angkor
所在地:カンボジア(Cambodia)
分 類:C(i)C(ii)C(iii)C(iv)
登録年:1992
放送日:2000年05月07日
放送回:第201回
アンコールII
previous on air
  next on air
onair access slide


周囲12kmの環濠に囲まれたアンコール・トムは、クメール王朝最盛期の都城。その中央に建つバイヨンは、歴代の王の中で初めて仏教に帰依した王、ジャヤバルマン7世が建てた仏教寺院。
photo

バイヨン寺院の54の尖塔すべての四面に、観世音菩薩が彫られている。一つの顔が2mもある石の菩薩顔は、ジャヤバルマン7世の顔そのものであり、見る角度と光の具合によって微笑んでいたり、泣いていたりするといわれる。
photo

アンコールは、北のプノン・クレーン丘陵から南のトンレサップ湖に至る扇状地。歴代の王はたちは巨大な人口貯水池を造り、そこから縦横に水利網を走らせることで、最盛時60万人の人口を抱える稲作を可能にしていた。
photo

「建寺王」の異名を持つジャヤバルマン7世は、アンコール・トムの周辺にタ・プロームやプリヤ・カンという有名寺院を次々に建てた。アンコールの南東100kmのプリ・ヤカン・コレポン・サヴェイは、テレビ初公開の大遺跡。ジャヤバルマン7世の大意と同時に大石造建築の時代も終わる。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.