EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第153回1999年05月16日
ハルシュタット・ダッハシュタイン、ザルツカンマーグートの文化的景観(オーストリア)
遺産名:
ハルシュタット・ダッハシュタイン、ザルツカンマーグートの文化的景観
Hallstatt-Dachstein Salzkammergut Cultural Landscape
所在地:オーストリア(Austria)
分 類:C(iii)C(iv)
登録年:1997
放送日:1999年05月16日
放送回:第153回
ハルシュタット・ダッハシュタイン、ザルツカンマーグートの文化的景観
previous on air
  next on air
onair access slide


オーストリア、ザルツカンマーグートのダハシュタイン連峰。標高3000mの山。ここに約4000年前の人類の文明の痕跡が発見されている。
photo

氷柱が美しい洞窟、ジャイアント・アイス・ケイブ。ダハシュタインの頂上を覆っていた雪は、溶けると洞窟に染み込んでいき、再び冷却されると、今度は美しい氷の芸術を作ることになる。
photo

そんな自然の中にできた小さな街、ラテン語で「塩の町」を意味するハルシュタット。ここにローマよりも古く、高度な文明が存在した。それを支えたのはこの近くで採れる岩塩であった。食料の唯一の保存方法であった塩は、白いダイヤといわれる程貴重なものだった。その古い文明は紀元前7世紀絶頂期を迎える。
photo

紀元前7世紀頃のブローチ。墓から発見された副葬品が、文明の高さを証明している。左の渦は現世、右の渦は来世を表しているといわれる。ほかにも3000年前の岩塩を運んだといわれるリュックや、当時の人が被っていた革製の帽子が塩につかっていたおかげで、驚くほど良い状態で発見されている。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.