世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第152回1999年05月09日
タキシラ(パキスタン)
遺産名:
タキシラ
Taxila
所在地:パキスタン(Pakistan)
分 類:C(iii)C(vi)
登録年:1980
放送日:1999年05月09日
放送回:第152回
タキシラ
previous on air
  next on air
onair access slide


紀元前3世紀、アショカ王により建てられたダルマラージカ寺院の大ストゥーパ(仏塔)。シルクロードの隊商都市として、またガンダーラ文化の中心として栄えたタキシラには、多くの古代都市遺跡や仏教寺院址が残る。
photo

アレクサンダー大王、聖トマ、玄奘三蔵…。数えきれぬ程の人々が、その旅の中でタキシラを訪れ、文化を伝えた。紀元前2世紀の都市シルカップ遺跡に残る「双頭の鷲のストゥーパ」には、ギリシヤ、ペルシャ、中国と3つの神殿のレリーフが並び、この地で東西の文化が出会ったことを物語る。
photo

ここガンダーラ地方で、仏教とギリシヤ・ローマの美術が出会った。そして生み出された「ガンダーラ仏」の数々は、この世界にはじめて出現した仏像だった。
photo

仏教誕生の記憶を伝えるガンダーラ地方の遺産。山岳寺院「タクティ・バーイ」は1〜7世紀当時の伽藍をそのまま残し、タキシラと同じく世界遺産リストに登録されている。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.