世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第141回1999年02月21日
峨眉山と楽山大仏(中国)
遺産名:
峨眉山と楽山大仏
Mount Emei and Leshan Giant Buddha
所在地:中国(China)
分 類:N(iv)C(iv)C(vi)
登録年:1996
放送日:1999年02月21日
放送回:第141回
峨眉山と楽山大仏
previous on air
  next on air
onair access slide


峨眉山は、四川盆地の西南隅にそびえる、中国四大仏教名山の一つ。いつも霧と雲に覆われる、3000mを越す山頂に築かれた寺には、線香の煙が絶えない。また、麓に広がる亜熱帯の森から高低差2000mにおよぶ山の斜面には、様々な動植物が生息しており、文化と自然の両面から世界遺産に登録された。
photo

峨眉山の山中には、全山に50km以上の石段の道が築かれている。山頂を目指す信者や、山にこもって修行する僧が住むために、かつては100以上の寺院があった。今は、半数以下に減ったとはいえ、自然にとけ込んだ、落ち着いたたたずまいが訪れる人を和ませる。
photo

峨眉山から20キロほど下った岷江の畔に立つ中国最大の仏像「楽山大仏」。高さ71m、耳の長さが7m、足の甲に100人が乗れるという。
度重なる川の氾濫を鎮めるため、唐の時代(713年)に着工され、90年の歳月をかけて完成した。
photo

峨眉山の麓にある尼寺の伏虎寺。ちょうど旧暦15日の法事の日、四川各地から信者が集まって、盛大に仏事が営まれた。
この寺をはじめ、報国寺、万年寺などの名刹が森の中に数多く立つ。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.