EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第111回1998年07月05日
キンデルダイク(エルスハウト)の風車群(オランダ)
遺産名:
キンデルダイク(エルスハウト)の風車群
The Mill Network at Kinderdijk-Elshout
所在地:オランダ(Netherlands)
分 類:C(i)C(ii)C(iv)
登録年:1997
放送日:1998年07月05日
放送回:第111回
キンデルダイク(エルスハウト)の風車群
previous on air
  next on air
onair access slide


運河に立ち並ぶ風車。オランダのシンボル・風車はその殆どが水車を回す排水用のものだった。国土の4分の1が海抜0メートル以下というこの国は、低湿地に堤防を築き、運河を掘り、風車を巡らす干拓の中で造られてきた。
photo

かつて国内に一万基あった風車も、現在は950基ほどが残るのみ。運河に沿って19基も立ち並ぶ光景は、いまやキンデルダイクでしか見られない、オランダ人の「国造りの記憶」。
photo

風車の中には、人が住んでいる。内部は3階建ての住居になっており、17基にそれぞれ一家族ずつが暮らし、風車の管理を行っている。土曜の午後には、風車が一斉に回り、住民達が水辺でくつろぐ風景が見られる。
photo

首都アムステルダムを囲む全長135キロの防衛線・「アムステルダムの防塞」も、オランダを代表する世界遺産。点々と残る48の砦は、水を使って首都を防衛するという独創的な発想の下に、19世紀末から1914年にかけて築かれた。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.