世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第93回1998年03月01日
ベルン旧市街(スイス)
遺産名:
ベルン旧市街
Old City of Berne
所在地:スイス(Switzerland)
分 類:C(iii)
登録年:1983
放送日:1998年03月01日
放送回:第93回
ベルン旧市街
previous on air
  next on air
onair access slide


ベルンは、1191年ブルゴーニュの公爵ツェーリンゲン家のベルヒトルトによって建設されたと言われている。アーレ川の湾曲部を利用して作ったため、東、北、南側は川で(堀に囲まれているように)街は西へ、西へと大きくなった。
「ベルン」はドイツ語の「ベール=熊」に由来する。
photo

旧市街の中央を走るおしゃれで活気に満ちたストリート、クラムガッセ、マルクトガッセ。この通りの周辺には、様々な彫刻のついた美しい噴水がある。主なものは11基。これは、1354年ベルンに最初の病院を作ったアンナ・ザイラーを記念して作られた。
photo

主要な道沿いの住宅には、石造りのアーケードがあり、その全長は6kmをこえる。アーケードは13世紀頃からあったと言われ、1405年のベルンの大火の後、住居が砂岩で建て直されるとともに石造りとなった。
もともとは、倉庫や職人の作業場として使われたが、今は主に商店街となり、市民は雨や雪にぬれずに買物が出来る。
photo

アーケードは、今も様々な職人たちの工房がある。飾り鍵職人、家具の修理職人など何代にも続いてきた人々がいるが、後継者捜しに苦労している。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.