世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第21回1996年09月08日
ドロットニングホルム宮殿(スウェーデン)
遺産名:
ドロットニングホルム宮殿
Royal Domain of Drottningholm
所在地:スウェーデン(Sweden)
分 類:C(iv)
登録年:1991
放送日:1996年09月08日
放送回:第21回
ドロットニングホルム宮殿
previous on air
  next on air
onair access slide


ドロットニングホルム宮殿は、スウェーデンの首都ストックホルムの西のはずれ、湖に浮かぶ島にある。「北欧のヴェルサイユ」といわれる宮殿には、いま、現国王のカール16世グスタフ一家が住んでいる。
photo

「ドロットニング」とは「王妃」の意味。16世紀の末、当時のスウェーデン国王ヨハン3世が、王妃カタリーナのために、夏の離宮として建設したのが、ドロットニングホルム宮殿の始まりだ。
photo

その後、歴代の王妃の手で様々に装いをこらしてきた。特に17世紀にバロック調に宮殿を改造したエレオノーラ、さらにロココ調に改装した、ウルリカの2代の王妃によって、今のドロットニングホルムの原型が出来た。
photo

ウルリカの息子グスタフの時代は、華やかな宮廷文化と盛んな芸術活動で知られる。今も、毎年夏、このグスタフが芝居を見た同じ劇場で、オペラが上演される。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.