みどころ

還暦間近の母親にまさかの縁談!? 4人の子どもたちの思いは…。 向田邦子の珠玉の名作を泉ピン子、仲間由紀恵、小林稔侍らで再び。 氏没後30年の今だからこそ、あらためて家族のあり方を問う。

開発の時代の中でよくぞ生き残っているというほどの古い木造の借家。その家からの立ち退きも決まり、身の振り方を迫られる主人公・ちよ。来年還暦を迎えるちよに対し、4人の子どもたちはそれぞれ別の思いを抱く。

画像

そんなときに、長女がちよに再婚話を持ちかける。相手は亡き夫の親友で、よく知る仲。突然降って湧いた母親の縁談を巡って、皆の思いが交錯する。今失われている家族のあり方、思いやり、やさしさ、きびしさ、豊かな心を多彩な登場人物が紡いていく。

35年前に向田邦子が『日曜劇場』のために書き下ろした名作を、石井ふく子プロデューサーが再び蘇えらせる。