はじめにINTRODUCTION

『ぎぼむす』が再び帰ってくる!
義母と娘と2人を支える人間たちの
愛が詰まった物語の
完全新作を2022年のお正月に放送!

一生懸命すぎる義母・亜希子が再建した企業が
ハゲタカに乗っ取られる!!
金を貪るハゲタカへの
リベンジに燃える亜希子だが、
その男は亡くした夫・良一にそっくりで・・・
そんな前作のラストから始まる物語!!
リベンジか、恋か、それとも三角関係か!?
義母と娘と2人を支える人間たちのブルースを、
2022年新春にお届けします!
TBSでは、2022年1月2日(日)よる9時から『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』を放送することが決定した。
『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)を原作に、2018年7月期に火曜ドラマ枠で放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語をお届けした。義母と娘、そして娘の実父という3つのコードがブルースを奏でるかのように、愛すべきキャラクターたちが繰り広げる少しおかしな日常。そしてその合間にピリッとした孤独が垣間見え、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。2020年の正月には連続ドラマの1年後を描いたスペシャル版を放送。こちらも大きな話題となった。そして今回、スペシャル版として『ぎぼむす』が再び帰ってくる! 義母と娘の愛の物語の完全新作を2022年の正月にお届けする。
今回は、義母・亜希子が再建した企業がハゲタカに乗っ取られるが、その男は亡くした夫そっくりの人物で・・・。そんな衝撃の直後からスタートする。ハゲタカへのリベンジと、夫そっくりの男への複雑な感情で揺れ動く亜希子。そんな義母を娘のみゆきは成長した大人の眼差しで見守っていく。
主演の綾瀬はるかをはじめ、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、宇梶剛士、浅野和之、麻生祐未ら連続ドラマのレギュラーキャストが今作でも顔を揃える。
さてさて、義母と娘は、そして周りにいる個性豊かな大人たちは どのようなブルースを奏でるのか! 
新春を飾る『義母と娘のブルース2022年謹賀新年スペシャル』に、是非ご期待いただきたい!!
「ブルース」とは・・・ 19世紀後半に米国深南部の農場などで働く黒人が労働歌として歌い出したとされる。基本的に3つの コードしか使わない簡単な構成で、3連符やその真ん中の音を抜いた「シャッフル」と言われるリズムが 特徴。一般的には日常の幸せや憂いを1コーラス12小節に乗せて歌う。 (朝日新聞掲載「キーワード」より)

[ COMMENT ]

綾瀬はるか
生真面目で、少しズレたところもあって、でもかっこいい亜希子さんのことが私自身とても好きで、こうして再び演じることができて、みなさんに感謝しています。
そして今回の見どころは亜希子さんに訪れたロマンスです!
愛に溢れた物語をご覧いただき、楽しく、ほっこりしたお正月をお過ごしいただきたいです。
2022年がみなさんにとって明るい一年となりますように。
竹野内 豊
一昨年のスペシャルドラマの続きから今回の物語は始まります。一昨年の放送の頃とは世の中もがらりと変わってしまい、ありふれた日常こそが奇跡と思える毎日ですが、今回も小さな奇跡と亜希子さん・みゆきを支える様々な愛のカタチが描かれています。それが少しでも皆様の希望・活力になればと思いますので、是非ご覧いただければと思います!
佐藤 健
前回のスペシャルの終わり方的にも“続編があるんだろうな”と思っていたので、実現してとてもうれしいです。脚本はとても面白く読ませていただいたのですが、大変な撮影になりそうだなと思いました(笑)。 けれど、キャストもスタッフもほとんど変わらず、気心の知れた仲間たちと再会し、安心して撮影に挑んでいます。麦田のようなキャラクターとの出会いもあまりないので、再び演じられることも新鮮で楽しいです。新年からほっこりし、安心して観ていただける作品になっていると思います。ぜひご覧ください!
上白石萌歌
連ドラから3年、前回のスペシャルから2年。時を経てまたこうしてみゆきと再会できること、とてもうれしいです!ここ数年はさまざまなことが目まぐるしく変化していきましたが、宮本家は宮本家のまま。みゆきを演じることで、私も“ただいま”と心が懐かしい場所に帰るような気持ちになりました。変わらずにある宮本家のあたたかさをぜひ感じていただきたいです。2022年のはじまりに、みなさまに活力と希望をお届けできるようにがんばります。またまた小さな奇跡、一緒に見つけましょう!
井之脇 海
2年ぶりに大樹を演じるのでキャラクターを忘れていないか心配でしたが、みゆきの顔を見たらすぐにあの頃の気持ちに戻ることができました。今回もまた大樹としてみゆきを見守ることができて、幸せな気持ちでいっぱいです。脚本を読んで、相変わらず登場人物たちが一生懸命に物事に向き合っていて、その姿がとても愛おしく、心が温かくなりました。新年の始まりに、見てくれた方の背中を押せるようなドラマになると思います。お楽しみに!
プロデューサー・飯田和孝
相変わらず一生懸命な義母・亜希子さん、愛すべきマイペースな娘みゆき、そして相変わらずの愛に満ちた周囲の人たち。そこへ亡き夫・良一にそっくりなハゲタカが波乱を巻き起こすのか、麦田はハゲタカから亜希子を守れるのか守られるのか?はたまた三角関係か?時代は移り変わっても、世の中は大きく変わっても、結局相変わらずの愛すべき人たちの物語を、2022年のお正月にお届けできることを今から楽しみにしています。一所懸命に頑張ります!

関連リンク