月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

あらすじ

検事を陰で支える検察事務官・黒坂百合子(岡江久美子)は、新人検事の中原祐作(永井大)と殺人事件を担当することになった。生真面目で仕事に燃える百合子に対し、彼女の実の姉・律子(酒井和歌子)は陽気で自由奔放なタイプ。その律子のもとには友人のオカマ・舟子(近藤芳正)らが集まり、百合子に話題になっている事件のことを聞きたがるが、立場上捜査のことは口外できない。
その事件の被疑者とは、たまたま通りかかった廃工場でレイプされそうになっていた女性を助けようと、加害者のスポーツジム経営者・山際良和(山崎潤)を金属バットで殺してしまった新藤正彦(中林大樹)だった。もともと良和は素行が悪く、頻繁に裁判沙汰を起こしては、義弟の弁護士・睦郎(山崎樹範)に問題の処理をさせていた。その上、被害者の女性・堂島佐和子(山口あゆみ)は、自分を救ってくれた正彦に寛大な措置を望んだこともあり、正彦の勇気ある行動に同情が集まっていた。
しかし捜査を続けると、通りがかりのはずの正彦に良和を殺害する動機が見つかった。正彦の元恋人で、良和が経営する会社に勤めていた塚本瞳(広瀬みか)がつい先日自殺していたのだ。その際の裁判も睦夫が後始末していた。

PAGETOP