月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

あらすじ

受け持ち地区を覆面パトカーで巡行し、傷害、強盗、殺人などの事件が発生した場合、現場に真っ先に駆けつけ事件の初動捜査に当たる機動捜査隊。
勤務は交代制の24時間勤務となり、仕事柄犯人との遭遇率が高いため常に拳銃の所持を義務付けられているという精神的にも肉体的にも過酷な任務だ。
そんな危険な任務を担う機動捜査隊に所属する警部補の沢村舞子(沢口靖子)は巡査部長の金子(赤井英和)とコンビを組んで日々任務に当たっている。
 ある日、いつものように管内パトロールに出動した舞子と金子はとある住宅で変死体が発見されたとの無線連絡を受け、現場へ急行する。 
遺体は現場の一軒家に1人暮らしをしている家主の宮本千恵(大方斐紗子)という老女で、通いの家政婦・竹山和子(角替和枝)に発見された千恵は何者かに撲殺されており、室内も荒らされていた。舞子たちは早速、近隣の捜索をするが不審者は見当たらず、駆けつけた所轄の専従捜査班に捜査を引き継ぎ、再びパトロールに戻る。
するとパトロールに戻った早々、今度は管内の福祉センターで刃物を所持した男による傷害事件が起きたとの無線連絡が入電。
舞子たちが現場の福祉センターを訪れると、犯人はすでに逃走しており、センターの職員でケースワーカーの加藤(河相我聞)が刃物で切り付けられ怪我を負った腕の手当てを受けていた。
加藤から事情を聞くと犯人は加藤に生活保護を受けたいと相談に来ていた溝口治郎(佐藤B作)と名乗るホームレスの男で、溝口は加藤から「住所不定だと生活保護の申請が出来ない」と言われたことに腹を立て、所持していた刃物で切りつけてきたというのだ。
加藤は溝口がどうやら借金を抱えており、生活保護費を借金返済の当てにしていた様子だったと話し、舞子たちは加藤から近年は生活保護費から借金の取立てをする闇金業者が横行し、センター付近でも生活保護費の受給を狙い撃ちする闇金業者が借金を抱えた受給者を待ち伏せしているのだと聞かされる。
舞子たちは加藤と一緒にいたセンターのスタッフからそんな闇金業者の1人として宮本千恵の名を聞き、千恵の殺人には千恵が非合法に金を貸していたことによる怨恨の線があるかのしれないと考える。
千恵の殺人事件の捜査本部に顔を出した舞子は管理官の丸山(三浦浩一)にその旨を報告するのだが、丸山からは“機捜”は余計な口出しはせず自分たちの任務である密行(パトロール)を遂行しろと叱責されてしまう。
 再びパトロールに戻った舞子たちは無線連絡で溝口が付近を逃走中だと知り、溝口の早期発見に乗り出し車を走らせるのだが、そんな舞子たちの前に、宅配便のドライバーの古沢佳代(芳本美代子)が駆け寄り、自分のトラックが配達で離れた隙に盗まれてしまったと訴えてくる。
舞子は千代の自宅に駆けつけた際、佳代のトラックが付近に止まっていたことを思い出し、念のためそのことを問いただすが、佳代からは近くで配達があっただけだと返答され、それ以上は何も聞き出せない。
佳代のトラックを捜し出すため、再び街へ車を繰り出した舞子たちはその後、空き地に乗り捨てられた佳代のトラックを発見。
舞子たちがトラックを調べると荷台の荷物が全部なくなっており、犯行はどうやら最近頻発している窃盗グループの仕業だと判断される。
 ところが、その後、舞子たちがさらにトラックを調べていると運転席のダッシュボードから二百万円の札束が入った血痕の付いた銀行の封筒を発見され、舞子はその札束が、千恵が殺される前日に銀行から引き出し、自宅からなくなっているお金だと直感。佳代が事件に関係しているのではと駆けつけた専従捜査班に佳代を引き渡すのだが…。

PAGETOP