月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

みどころ

 近年、社会問題化する孤独死とともにクローズアップされている遺品整理会社。今作が第5弾となるこのシリーズは、高畑淳子演じる遺品整理人・谷崎藍子を主人公にしたヒューマンサスペンスだ。藍子は遺品を整理しながら、故人の人柄、生活、価値観に思いをめぐらせて、遺族との切れかかった絆を結びなおす。
 あるアパートで孤独死した男性(渡辺哲)の部屋を整理した藍子は、押し入れから古びた赤いランドセルを発見する。その中には「昭和の未解決事件」という本と母娘の写った写真があった。藍子はランドセルを持ち主である矢野和美(石田ひかり)に届ける。和美は孤独死した男は自分の父親で、自分と母親は、父にひどい目に遭わされたと藍子に告げる。藍子が届けたそれらの遺品は、36年前に5千万円が奪われた未解決事件と、孤独死した男とを結ぶ秘密を抱えた品々だった。36年前の事件とは、警察が厳重に警戒する中、赤いランドセルを背負った少女に5千万円が持ち去られたもので、すでに時効を迎えている。
 そんな中、和美は自分が5千万円を持ち去った少女本人で、死んだ父親が事件の主犯だったとマスコミに名乗り出た。一方、藍子は遺品に向き合いながら、男は殺されたのではないかと考え始める。謎を解く手がかりは、長い時を経た2つの現場に残っていた、丹後ちりめんを素材とする品々だ。丹後ちりめんとは京都府の丹後地方に伝わる伝統の織物で、かつてこの地方に豊かな恵みをもたらした。遺品に導かれるように京丹後市を訪れた藍子は、かつてこの地で暮らしていた幸せな父母と娘がいたことを知る。
 36年前の事件の真相とは? 孤独死した男の正体とは? そして和美が犯行を告白した真の目的とは? それらの謎を解きながら、藍子は遺品に関わる人々に寄り添い、途切れた絆を結ぶ。 
 レギュラー出演者である遺品整理会社「青い鳥社」の社長・栗山スミ子(加賀まりこ)と三田村刑事(矢崎滋)が難事件に挑む藍子を支える。ゲスト出演者は石田ひかり、岩本多代、渡辺哲、不破万作、志賀廣太郎、ラサール石井と芝居巧者が揃った。
 海岸線や里山、田園風景が広がる京丹後市の美しい風景が郷愁を誘う。

PAGETOP