月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

コメント

速水もこみち

僕にとって2作目となる浅見光彦役ですが、前回同様、演じる難しさと楽しさでいっぱいの現場でした。台本を開くたびに光彦の様々な表情が思い浮かび、監督とも相談しながら撮影していきました。また、今回は移動する距離が前回よりも長く、まさにロードムービー的な旅となりました。スタッフの皆さんともより近くなることができましたし、手を抜かないメンバーばかりなので、こちらも気を引き締めて撮影に望むことができました。舞鶴、金沢、富山と巡り、僕なりの光彦にまた少し近づけたような気がします。登場人物の心情を丁寧に描いている作品ですので、その辺りをごゆっくりと味わっていただければと思います。

コメント

矢口久雄プロデューサー

速水もこみちさんとは2作目となる浅見光彦シリーズですが、台本と向き合う速水さんの姿が僕はとても大好きで、皆さんにご覧いただけないのがちょっと残念です。それほど真摯にセリフ1つにも拘ってくださった「蜃気楼」です。スタッフのこだわりも強く、加賀友禅には毎田健治先生の作品を特別にお借りして個展のシーンを撮影しました。総額10億円にも及ぶという豪華さに、佐久間良子さんの艶やかさも加わって、まさに雅の世界を描けたのではと思います。今作も、前作と引けをとらない仕上がりになっておりますので是非、ご覧いただきたいと思います。

PAGETOP