月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

ヤメ刑探偵 加賀美塔子2 2012.11.26OA

あらすじ

刑事を辞めて探偵に転身した加賀美塔子(片平なぎさ)が勤める探偵事務所に、ミイラを探して欲しいという奇妙な依頼が舞い込んだ。目を丸くする所長・宗方(大杉漣)に真剣な表情で先祖のミイラの捜索を頼むのは、和田純一(緒形幹太)と妻の文(菊池麻衣子)。歴史好きの和田夫妻は、古い資料から、純一の先祖のミイラがとある寺に保管されていることを知り、住職の田端了全(山田明郷)に引き取りたいと申し出た。了全の快諾を得て和田家の菩(ぼ)提(だい)寺(じ)に安置するまでの間自宅にミイラを置いておいたが、文がちょっと出かけた隙に何者かに盗まれてしまったというのだ。
ミイラのことは誰にも話していないので犯人の心当たりはないという文。警察も取り合ってくれないだろうからと探偵を頼ってきた和田夫妻の依頼に、塔子と相棒の田村直樹(原田龍二)が動き出す。
ミイラの盗難現場に遺留品はなかったが、幸運にも目撃者がいた。塔子たちが情報を辿っていくと、大友克子(クノ真季子)という容疑者を発見。しかし彼女はすでに殺されていた。しかも、肝心のミイラはそこにはなかった。それにしても、ミイラには一体どんな価値があるのか? 寺に保管されている間は何故盗まれなかったのか? さらに殺人事件も起こり、謎は深まるばかりで…。


ページの先頭へ